K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
立春のどこも動かず仔鹿立つ・・・・・・秋元不死男
852006200720E5B08FE9B9BFE38080E69DB1E5A4A7E5AFBA_E7B8AEE5B08F-abf0e小鹿
 ↑ 奈良公園の仔鹿
12_17p4出雲大社「立春大吉」符

       立春のどこも動かず仔鹿立つ・・・・・・・・・・・・・・秋元不死男

掲出句に合わせて「仔鹿」の画像を出しておく。

「立春」は二十四節気の一つ。暦の上では今日から「春」になる。
まだまだ寒いが、これから「立夏」の前日までの90日間の季節をいう。これを「九春」という。これは「春九旬(90日間)」のことである。
春は寒暑の移り変わりの時期で、二月は寒く、三月に入って寒暖を繰り返しながら、次第にあたたかくなって、四月に暖かさが定まるということである。
昨日は「節分」だったが、この字の「節」の通り、季節がこの日をもって分かたれるのである。寒い寒い冬よ早く去れ、春よ来たれ、という「春」が動きはじめ、春の「気持」が用意されてゆく。
写真①は出雲大社の「立春大吉」の吉札である。
この「立春大吉」という字はタテ書きにすると左右対称形になるから縁起がいい、と古代中国の時代から言い慣わされてきたお目出たい字である。
『山の井』という本に「よろづのびらかに豊かなる心を仕立つ」と書かれているように、春の到来を喜ぶ気持が生まれる頃である。
「春」という字は「張る」「発る」が語源だというが、万物発生の明るい季節感を表現したものである。

harunootodure和菓子「春のおとずれ」
写真②は「春のおとずれ」という名前の立春の季節生菓子で伊勢の「赤福餅」で有名な老舗のもの。
ここは先年、日付表示のことで世間を騒がせたが、「赤福餅」は伊勢のみやげとして欠かすことの出来ないものだから、お客さまの後押しも得て、徐々に立ち直ってきたようだ。
淡い紅色のういろう生地で、こしあんを包んで折りたたみ、梅の花に見立てた菓子である。
伝統的な和菓子の世界では、こういう季節感を大切にした、ほのぼのとした情緒が賞味できる。

siratamatubaki和菓子白玉椿
写真③は、同じ老舗の「白玉椿」という季節の生菓子で、茶道の炉の季節の茶花は何と言っても椿が主役。
早春の今、色つやの美しい葉に囲まれて白一重中輪の早咲き種の白玉椿が花咲かせているのに因む。
伊勢芋を練り込んだ特製の生地で、こしあんを包み、白い清楚な花が茶席の床を飾る白玉椿に見立てている。

「立春」という抽象的な概念を表現するのは難しいもので、ならば、こういう季節感を持った具体的な「物」で視覚的に表わした方がいいと考えて、やってみた。

img_risshunbin.jpg
P1151721立春初しぼり
写真④は日本酒の「立春搾り」という本日限りの限定版である。
日本酒は消費がじりじり減る傾向にあるので、こういう限定版の商品を発売して何とか売り上げを伸ばしたいという涙ぐましい努力である。
おかげで、こういう限定ものは、よく売れているらしい。インターネット上でも、いくつかの銘柄の立春酒が見られる。
昨年秋からの日本酒の仕込みも今が最盛期で、「蔵出し」の原酒などはおいしいものである。
左党ならぬ私なんかも美味だと思う。
このような趣向は、あちこちのメーカーが同じように採用している。

t-konoesiro近衛白(関西)

写真⑤は「白椿」である。
以下、「立春」を詠んだ句を引いて終わる。

 寝ごころやいづちともなく春は来ぬ・・・・・・・・与謝蕪村

 春立つや愚の上に又愚にかへる・・・・・・・・小林一茶

 雨の中に立春大吉の光りあり・・・・・・・・高浜虚子

 さざ波は立春の譜をひろげたり・・・・・・・・渡辺水巴

 立春や一株の雪能登にあり・・・・・・・・前田普羅

 かかる夜の雨に春立つ谷明り・・・・・・・・原石鼎

 山鴉春立つ空に乱れけり・・・・・・・・内田百閒

 春立つと拭ふ地球儀みづいろに・・・・・・・・山口青邨

 冬よりも小さき春の来るらし・・・・・・・・相生垣瓜人

 春立ちて三日嵐に鉄を鋳る・・・・・・・・中村草田男

 立春の米こぼれをり葛西橋・・・・・・・・石田波郷

 春が来て電柱の体鳴りこもる・・・・・・・・西東三鬼

 立春のどこも動かず仔鹿立つ・・・・・・・・秋元不死男

 立春の雪のふかさよ手鞠唄・・・・・・・・石橋秀野

 人中に春立つ金髪乙女ゆき・・・・・・・・野沢節子

 立春の鶏絵馬堂に歩み入る・・・・・・・・佐野美智

 立春のぶつかり合ひて水急ぐ・・・・・・・・会田保

 畳目の大きく見えて春立つ日・・・・・・・・八田和子



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.