K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
咳をしても一人・・・・・尾崎放哉
4393434374.jpg
  
       咳をしても一人・・・・・・・・・・・・・・・・・・尾崎放哉

ご存じの通り、尾崎放哉は「自由律」の俳人である。この句は「せきをしてもひとり」というかな書きばかりのテキストもあるが、今回は掲出のような表記にした。
放哉は東京大学法学部出のインテリで、生命保険会社や火災海上保険会社の支配人などを歴任したが、酒癖が悪くて退職に追い込まれたという。
須磨寺などの下働きのあと、小豆島西光寺南郷庵の堂守となる。
大正4年から荻原井泉水の「層雲」に句を発表し、その個性は自由律俳句によって存分に発揮された。

syuzouko尾崎放哉資料館収蔵庫

香川県の小豆島に尾崎放哉記念館がある。写真は資料館の収蔵庫である。
放哉については余り資料がないが、彼の句を少し引いておきたい。

Hosai2尾崎放哉

 夕日の中へ力いつぱい馬を追ひかける

 一日物云はず蝶の影さす 

 氷がとける音がして病人と居る

 仏にひまをもらつて洗濯してゐる

 こんなよい月を一人で見て寝る

 淋しいぞ一人五本のゆびを開いて見る

 つめたい風の耳二つかたくついてる

 糸瓜が笑つたやうな円右が死んだか

 大雪となる兎の赤い眼玉である

 底がぬけた柄杓で水ほ呑まうとした

 なんにもない机の抽斗(ひきだし)をあけて見る

 蛙たくさん鳴かせ灯を消して寝る

 淋しいからだから爪がのび出す

 昼寝の足のうらが見えてゐる訪ふ

 漬物石になりすまし墓のかけである

 すばらしい乳房だ蚊が居る

 足のうら洗へば白くなる

 畳を歩く雀の足音を知つて居る

 爪切つたゆびが十本ある

 入れものが無い両手で受ける

 月夜の葦が折れとる

 枯枝ほきほき折るによし

 渚白い足出し

 肉がやせて来る太い骨である

 春の山のうしろから煙が出だした




コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.