K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
呼吸すれば、/胸の中にて鳴る音あり。/凩よりもさびしきその音!・・・・・石川啄木
Kyosuke_Kindaichi_and_Takuboku_Ishikawa.jpg
  
    呼吸(いき)すれば、
   胸の中にて鳴る音あり。
   凩(こがらし)よりもさびしきその音!・・・・・・・・・・・・・・・石川啄木


石川啄木は短歌というジャンル分けには納まらない詩人である。
写真は、同郷人で終生親友であった金田一京助(左)とのもの。

この歌も三行分かち書きであり、かつ句読点も打ってあり、横文字の感嘆符!まで付けてある。
 ↑彼についてはリンクにしてあるので、ご覧ください。

「胸の中にて鳴る音」というのは、肺を出入りする呼吸音のことであろうか。啄木はいつも貧窮のうちにあったから、身のうちの呼吸音にも「さびしさ」を感じたというのである。
啄木には
  <働けど働けど、わが暮らし楽にならざり。ぢつと手を見る>
というような作品もあるが、ここは、そういう身すぎ世すぎを書きたいとは思わないし、今日は石川啄木について書くつもりは無いので、「木枯し」を詠んだ句を引いて終りたい。

 木枯の果てはありけり海の音・・・・・・・・池西言水

 凩や何に世わたる家五軒・・・・・・・・与謝蕪村

 木枯や鐘に小石を吹きあてる・・・・・・・・与謝蕪村

 凩や広野にどうと吹きおこる・・・・・・・・・与謝蕪村

 木がらしや地びたに暮るる辻諷(つじうた)ひ・・・・・・・・小林一茶

 木がらしや目刺にのこる海のいろ・・・・・・・・芥川龍之介

 海に出て木枯帰るところなし・・・・・・・・山口誓子

 木枯や水なき空を吹き尽す・・・・・・・・・河東碧梧桐

 こがらしや女は抱く胸をもつ・・・・・・・・加藤楸邨

 死は深き睡りと思ふ夜木枯・・・・・・・・相馬遷子

 木枯と星とが知つてゐるばかり・・・・・・・・矢田部芙美

 凩や馬現れて海の上・・・・・・・・松沢昭

 妻へ帰るまで木枯の四面楚歌・・・・・・・・鷹羽狩行

 木枯らしに暮れてモンドリアンの木々・・・・・・・・高橋謙次郎

 木枯やいつも前かがみのサルトル・・・・・・・・田中裕明

 木枯のあとの大いなる訃がひとつ・・・・・・・・堀米秋良



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.