K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
木村弥生の俳句・・・・・・木村草弥
俳句_NEW
 ↑ 合同句集「南東俳塵帳」平成九年七月吉日刊
俳句②_NEW
俳句③_NEW

──新・読書ノート──

     木村弥生の俳句・・・・・・・・・・・・木村草弥
          ・・・・「南東俳塵帳」平成九年七月吉日刊・所載・・・・・・

亡妻・弥生は生前、南部コミセン(コミュニティ・センターの略)で開かれていた中島巴旦を講師とする「あらみ句会」で俳句を詠んでいた。
この合同句集は発行されたときに見せてもらったので、その存在は知っていた。
弥生が亡くなっても、彼女の遺品整理などは一切していない。
クローゼットが手狭になったので少し衣類を捨てただけである。
この本はダイニングのアイロンをかけたりするテーブルの前の本棚に収められていたのを引っ張り出してみたのである。
中島巴旦は他に「巴句会」の講師もしていて、この句集は「あらみ句会」と「巴句会」の合同句集ということである。
掲出した画像に見られるように中島巴旦が毛筆で書いたものを転写したものである。
「序」に、当時の城陽市文化協会理事長・奥田敏晴の文章があるが、彼こそ今の市長ということになる。
講師の中島巴旦も数年前に亡くなっており、その孫・中島有佳里さんが司法書士になっており、先年、私方のアパート─メゾン・ド・マルスの保存登記の際にお世話になった。
現在はお婿さんを迎えられ、お婿さんは中島姓を名乗っておられるとのこと。これも奇しき因縁というべきであろう。

この本には弥生と親しかった島本順子さん、私と一緒に短歌会に居た甲田啓子さんや神内周子さんの名前も見える。島本さんも亡くなって早や数年が経つ。
会員一人に十二句づつ収録されている。講師の中島巴旦だけは十八句である。

弥生の句を全部、書き抜いてみる。

        畦道       木村弥生

     万歩計四角に歩く春の畦

     菖蒲田に小さき角芽押し合ひす

     畦に沿ひ早苗の列も曲りゆく

     幾重にも茶畑のうねり迫り来る

     亀甲の竹に五月の光り触れ

     松の芽の千本立ちに風少し

     梅雨明けのクレーン動いて空狭め

     水桶にゆらぐ白さの豆腐切る

     風の道探して葱の苗掃除

     踊りの手下向き加減風の盆

     きらきらと穂の上泳ぐ金銀糸

     息白し一人走れば皆走り

当然、講師である中島巴旦の添削がされていると思うが、素直だった弥生らしい俳句である。
弥生は都会生まれだったが、田舎に嫁いできて、私の母から農作業の手ほどきを受けて、菜園の仕事を楽しんでやっていた。
力の要る土の掘り起こしなどには、どしどし私をこき使っていた。
農作業というのは植物が日々に成長して成果を生むので面白いもので、弥生も、その魅力に執り付かれていたようである。

<万歩計四角に歩く春の畦> の句は面白い。万歩計とあるから散歩の情景だろう。
万歩計に歩数を拾われるので、歩くときも四角く歩くように努めるという微笑ましい情景が詠まれている。

<風の道探して葱の苗掃除>の句について少し解説してみよう。
ネギは梅雨の頃に掘りあげて日陰に吊るしておく。
この句の季節は九月はじめである。当然まだ残暑が厳しいから、風の通る涼しいところを選んでネギ苗の枯れた部分を削いで掃除をする。
その苗を畑に定植して秋のネギが育ってゆくという算段である。 この句には、そういう経緯が詠まれているのである。

島本順子さんの句を少し。

     子の婚をまず書き入れて初暦

     春うらら行きも帰りも歩きます

     地下道を出てコスモスの風に遇う

     嫁がせて娶らせて年終りけり

甲田啓子さんの句を少し。

     初明りちょっと開けおく厨窓

     太陽が大好きですと苗木札

     甘南備の緑蔭 記紀の話など

     母が来る柿一杯の旅鞄

弥生は2006年に亡くなったので、今年はちょうど十年である。
たまたま手にした句集から亡妻を偲ぶよすがにしたい。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.