K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
三毛猫の蹠あかく天窓の玻璃に五弁の花捺しゆけり・・・・・木村草弥
16810猫足裏

    三毛猫の蹠(あしうら)あかく天窓の
         玻璃に五弁の花捺(お)しゆけり・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載るものである。

猫の足裏は「肉球」と呼ばれ、猫にとっては足裏の重要な感覚器官であるらしい。
足形は、ちょうど五弁の梅の花のような形をしており、これは梅鉢形と似ている。
私の歌は、別にとりたてて、どうという歌ではないが、明り取りの天窓のガラスを渡って行った三毛猫の足裏を五弁の梅の花と捉えて、即興的に詠んだものである。

世の中には「猫好き」の人が多くて、ネット上でもさまざまの記事や写真が出ている。
私自身は「猫嫌い」である。
というのは、私の家の庭は猫の通路になっていて、臭い臭い糞をしたり、小便をひっかけたりするので、被害甚大である。
家の中だけで飼い、下のものの始末も砂箱を用意したりする心がけのよい愛猫家なら私は何も言わないが、得てして、「犬は毎日散歩させなければならないから面倒だが、猫は自分で用を足してくるから楽だ」などとほざく手合いが大半なのである。
そのトバッチリが私の家に廻ってきているのだ。
農家も困っている。種などを蒔いて白い砂で表面をきれいにしてある畑を足でかき回したり、敷き藁の上に糞をしたりと、悪さをするばかりである。
おまけに犬の糞は固くて、そんなに臭くはないが、猫の糞はべちゃべちゃに緩い便で、しかも限りなく臭い。
私が「猫嫌い」になった理由である。
そんな私が猫を歌に詠んだというのだから、褒めてもらいたい気分である。
今しも当地は「梅の花」の咲くシーズンである。梅の花と似た足裏を持つゆえに、先ずは許しておこう。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.