K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
春暁や人こそ知らね木々の雨・・・・・日野草城
1349日野草城句碑 服部緑地
soujou1句碑接写

      春暁や人こそ知らね木々の雨・・・・・・・・・・・・・・・・・日野草城

春の夜明け──人々の深い眠りにしみ入るように春の雨が木々に柔かく降り注ぐ。
音もなく降る雨、黙然と立つ木々。人々の眠りは大気の気配に包まれながら、しかも、それを知らない。
早熟の才を謳われた草城だが、この句も第三高等学校時代の青年期の作。若い瑞々しさがあふれている。
当時から熱心に学んでいたという古典和歌への好みは「人こそ知らね」という古雅な表現にも見られるが、それよりも、こういう古典的な味わいをさらっと利用して、
若々しい心象を一層鮮明に見せているところが才能である。
「木々」は最初は「樹々」だったが、のちに改めた。字の重々しさを避けたのだろう。昭和2年刊『花氷』所載。

以下、草城の句を少し引いておく。

 春の夜のわれをよろこび歩きけり

 研ぎ上げし剃刀にほふ花ぐもり

 丸善を出て暮れにけり春の泥

 春の夜や都踊はよういやさ

 庖丁の含む殺気や桜鯛

 朝すずや肌すべらして脱ぐ寝間着

 翩翻と羅(うすもの)を解く月の前

 くちびるに触れてつぶらやさくらんぼ

 秋の蚊のほのかに見えてなきにけり

 足のうら二つそろへて昼寝かな

 しづけさのきはまれば鳴く法師蝉

 二上山(ふたかみ)は天(そら)の眉かもしぐれけり

 白魚のかぼそきいのちをはりぬる

 山茶花やいくさに破れたる国の

 きさらぎの溲瓶つめたく病みにけり

 かたはらに鹿の来てゐるわらび餅

 片恋やひとこゑもらす夜の蝉

 切干やいのちの限り妻の恩

 われ咳す故に我あり夜半の雪

 生きるとは死なぬことにてつゆけしや

 右眼には見えざる妻を左眼にて

 見えぬ眼の方の眼鏡の玉も拭く

 こほろぎや右の肺葉穴だらけ

三句目の「丸善」は今では無くなったが、京都では昔から洋書の原書を注文しにゆく本屋だった。全国にある。
「われ咳すーーー」の句はデカルトの有名な台詞「コギト・エルゴ・スム」(われ考える故に我あり)のもじりである。
私も、第二歌集『嘉木』でこれを頂いて一首ものにしたことがある。それは

<汗匂ふゆゑにわれ在り>夏草を刈りゐたるとき不意に想ひぬ・・・・・・・木村草弥

という歌である。

終わりの方の三句は、右目が見えなかったこと、肺が侵されていたこと、が判る。最晩年の句である。
------------------------------------------------------------------------
彼については何度も書いたがネット上に載る記事を引いておく。

日野草城
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日野草城(ひの そうじょう、1901年(明治34年)7月18日~ 1956年(昭和31年)1月29日)は日本の俳人。本名は日野克修(よしのぶ)。

略歴
東京上野(東京都台東区上野)に生まれる。

京都大学の学生時代に「京大三高俳句会」を結成。1924年(大正13年)京大法科を卒業しサラリーマンとなる。 高浜虚子の『ホトトギス』に学び、21歳で巻頭となり注目を集める。1929年(昭和4年)には28歳で『ホトトギス』同人となる。

1934年(昭和9年)『俳句研究』に新婚初夜を描いた連作の「ミヤコホテル」を発表、俳壇を騒然とさせた。 この「ミヤコホテル」はフィクションだったが、ここからいわゆるミヤコホテル論争が起きた。中村草田男、久保田万太郎が非難し、室生犀星が擁護にまわった。このミヤコホテル論争が後に虚子から『ホトトギス』除籍とされる端緒となった。

1935年(昭和10年)東京の『走馬燈』、大阪の『青嶺』、神戸の『ひよどり』の三誌を統合し、『旗艦』を創刊主宰する。無季俳句を容認し、虚子と袂を分かった。翌1936年(昭和11年)『ホトトギス』同人より除籍となる。

戦後1949年(昭和24年)大阪府池田市に転居し、『青玄』を創刊主宰。

1946年(昭和21年)肺結核を発症。以後の10数年は病床にあった。

評価
モダニズム俳句の嚆矢(こうし)とされる。新興俳句の一翼をになった。「俳句を変えた男」(復本一郎)と高く評価される。

晩年は病床にあって「深沈とした秀句」を残した。「前半(のモダニズム)とは別種の静謐(せいひつ)な句境を開拓するにいたった」(復本一郎『現代俳句大事典』)。

作品
 春暁やひとこそ知らね木々の雨
 松風に誘はれて鳴く一つ
 秋の道日かげに入りて日に出でて
 荒草の今は枯れつつ安らかに
 見えぬ眼の方の眼鏡の玉も拭く

句集
草城句集「花氷」(1927年)
青芝(1932年)
昨日の花(1935年)
轉轍手(1938年)
旦暮(1949年)
即離集
人生の午後(1953年)
銀(1956年)
など

著書
新航路
展望車
微風の旗
------------------------------------------------------------------------
掲出写真は大阪の服部緑地に建つ彼の句碑である。二番目は接写したもの。
ネット上からの転載である。

場所:大阪府豊中市服部緑地の
 広大な公園の円形花壇の北側にある、
 エスメラルダというレストランの裏手
情報提供者:伸さん

春暁やひとこそしらね木々の雨
松風に誘はれて鳴く蝉一つ
秋の道日かげに入りて日に出でて
荒草の今は枯れつつ安らかに
見えぬ眼の方の眼鏡の玉も拭く

画像のように、春夏秋冬と無季の作品が五句ならんでいます。日野草城は当初は「ホトトギス」の同人で、俳誌「青玄」の主宰者でした。
昭和の初期に自己の初夜を詠った「ミヤコホテル」で、当時の俳壇にセンセーションをおこしました。

句碑の左側の赤い石の文字は「俳句は東洋の真珠である」という草城作の造語です。
------------------------------------------------------------------------
句碑の石の色が三色になっているのはフランス国旗に因むのか。

上のWikipediaの記事の中に書かれている「ミヤコホテル」の一連を引いておく。

「ミヤコホテル」10句
けふよりの妻(め)と来て泊(は)つる宵の春
夜半の春なほ処女(をとめ)なる妻と居りぬ
枕辺の春の灯(ともし)は妻が消しぬ
をみなとはかかるものかも春の闇
バラ匂ふはじめての夜のしらみつつ
妻の額(ぬか)に春の曙はやかりき
うららかな朝のトーストはづかしく
湯あがりの素顔したしく春の昼
永き日や相触れし手は触れしまま
失ひしものを憶(おも)へり花ぐもり




コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.