K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
チューリップはらりと散りし一片にゴッホの削ぎし耳を想ひつ・・・・・木村草弥
160426garden_tulip.jpg
mukannouma (2)

      チューリップはらりと散りし一片に
          ゴッホの削ぎし耳を想ひつ・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌はの私第六歌集『無冠の馬』(KADOKAWA 2015/04/25刊)に載るものである。
原文は角川書店「短歌」誌平成24年6月号に発表したものが初出となっている。
雑誌に発表したものは12首だが、歌集に載せる際に2首を習作帖から抜いて付け加えている。
その部分を、ここに引いておく。 ↓

        ゴッホの耳    
         
  白鳥の帰る頃かもこぶし咲き白き刹那を野づらに咲(わら)ふ

  一斉に翔びたつ白さにこぶし咲き岬より青い夜が来てゐる

  三椏(みつまた)の花はつかなる黄に会ふは紙漉きの村に春くればゆゑ

  沈丁の香の強ければ雨ならむ過去は過去なり今を生きなむ

  誰に逢はむ思ひにあらず近寄ればミモザの花の黄が初々し

  生憎の雨といふまじ山吹の花の散り敷く狭庭また佳し

  白もくれん手燭のごとく延べし枝(え)の空に鼓動のあるがに揺るる

  松の芯が匂ふおよそ花らしくない匂ひ──さうだ樹脂(やに)の匂ひだ

  ひと冬の眠りから覚めたか剪定した葡萄の樹液したたり止まぬ

  天上天下唯我独尊お釈迦様に甘茶をかける花祭 ひとすぢに生きたい
    
  チューリップはらりと散りし一片にゴッホの削ぎし耳を想ひつ

  <チューリップの花には侏儒が棲む> といふ人あり花にうかぶ宙(そら)あり

  ブルーベリージャムを塗りゆく朝の卓ワン・バイ・ワンとエンヤの楽響(な)る

  千年(ミレニアム)きざみに数ふる西洋か 日本は百年に戦さ五度(いつつたび)





コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.