K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
「花吹雪空に鯨を泳がせん」剛毅まぶしもよ遠き談林・・・・・岡部桂一郎
76703684.jpg

      「花吹雪空に鯨を泳がせん」
          剛毅まぶしもよ遠き談林・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岡部桂一郎


この歌は、一種の「コラージュ」の歌である。
「花吹雪空に鯨を泳がせん」という句が誰の作品か調べかけたが、未だ判らない。
「談林」派の誰かの句だと思うが、岡部が言うように、大きな景の句である。
その句をコラージュとして取り込んで、彼は、それを「剛毅」なと褒める。
たしかに花吹雪の空に「鯨」を泳がせようというのは、彼の言うように剛毅であるが、私から見ると、この表現は談林派特有の「奇抜な着想」と言えるだろう。
いかにも飄逸な歌作りを身上とする岡部らしい「引用」であると言える。

岡部桂一郎は大正4年神戸市生まれ。戦前は短歌結社「一路」に拠ったが、戦後は所属結社などは無い一匹狼として歌を発表してきた。
1994年(平成6年) 作品「冬」にて第30回短歌研究賞
2003年(平成15年) 歌集『一点鐘』にて第37回迢空賞および第18回詩歌文学館賞
2008年(平成20年) 歌集『竹叢』にて第59回読売文学賞

2012年(平成24年)11月28日、死去。97歳。
以下、彼の歌を引いてみよう。
-------------------------------------------------------------------------

まさびしきヨルダン河の遠方(をち)にして光のぼれとささやきの声

空気銃もてる少年があらわれて疲れて沈む夕日を狙う

遠くよりさやぎて来たる悲しみといえども時に匕首(ひしゅ)の如しも

間道にこぼれし米の白ぞ沁むすでに東北に冬が来た

みちのくの夜空は垂れて電柱に身をすりつける黒猫ひとつ

砂の上に濡れしひとでが乾きゆく仏陀もいまだ生れざりし世よ

天を指す樹々垂直に垂直にして遠く小さき日は純粋なり

うつし身はあらわとなりてまかがやく夕焼空にあがる遮断機

手のひらを反せば没り陽 手のひらを覆えば野分 手のひら仕舞う

ひと息に行人坂を吹き抜けて途方にくれる昼の木枯

ひとり行く北品川の狭き路地ほうせんか咲き世の中の事

天の川空にかかりて丈高き夾竹桃の花を暗くす

葡萄酒にパン浸すとき黒々とドイツの樅は直立をせり

春の風通りてゆけば紙袋おもむろに立ち裏返りけり

のんき屋という看板をあげている君の店舗の夕蝉しぐれ

まっすぐにわれをめざしてたどり来し釧路の葉書雨にぬれたり

陰(ほと)の毛のあわく繁るは飾りかとおみなに問えば否と答えつ

命終に近づく友を思えども油蝉なく樹の下ゆけり

夕づく日差すや木立の家の中一脚の椅子かがやきにけり

のびやかに物干竿を売る声の煙のような伊勢物語
------------------------------------------------------------------------
上に引用した歌の中に

陰(ほと)の毛のあわく繁るは飾りかとおみなに問えば否と答えつ・・・・・・・・・・・・・岡部桂一郎

というのがあるが、岡部の歌には、こういう意表を突く「瓢逸」というか「洒脱」というか、の歌がある。一筋縄でなく、一ひねりした作品である。
また、こんな歌がある。

春の風通りてゆけば紙袋おもむろに立ち裏返りけり・・・・・・・・・・・・・・・岡部桂一郎

この歌は、どこでも目にする日常での出来事を、精細に観察して、うまく歌に仕立てあげた。しかも、どこかひょうきんで、おかしみがある。こういう歌の作り方が岡部の特徴と言える。
春は季節の変わり目で、突風が吹いたりする。道端に捨てられていた紙袋が、通り風にあふられて裏返る。それも「おもむろに立ち」と表現したところが秀逸である。
------------------------------------------------------------------------
掲出句に書かれている「談林」とか、「談林派」というものについて少し書いておく。

俳句という文芸は芭蕉から始まった。
もっとも「俳句」という言葉を考えだしたのは、明治の正岡子規であるが、今ここでは、それには触れない。
芭蕉の前には連歌(レンガ)──連句ともいう──という文芸があり、これは和歌の方から発している。これらは座の文学で、集まった同人のうち、誰かが五七五を皮切りに立句(タテク)を出し、それに次の人が七七をつける。その次の人が五七五をつけて続ける。七七が続く。

 そうやって、三十六句を作る。これを歌仙という。この場合、続ける句はすべて、前の句に繋がりのある内容でなければならない。立句に続く句の内容には順番があって、最初は立句に応じたもの、次は恋、それから花、月などと順序が決まっている。

 それを座の同人が勝手にやっていたのでは収拾がつかなくなるので、捌き人が句を整理する。それが、むかし宗匠といわれた人である。連歌の内容の順番が狂ったり、句が出ない人がいたりすると、適当に他に廻したりしながら、いい連歌を作るための指揮をするのである。

 連歌が仕上がると、書き手がそれを紙に書いたものを見て、皆で鑑賞したり、批評したりして楽しむ。終わって、酒などを飲みながら歓談するという優雅な集まりであった。参加する人たちは、おもに豪商のあるじや、豪農など金持ちが多かった。

 こういう人たちは、元々集まり多い社会の人たちで、商談成立のあと宴会をしたり、能見物したり、遊女遊びに繰り出したりする機会も多いのだが、折角主立った連中が集まるのに、飲み食いだけでは芸がない。皆でもっと高尚な趣味を持とうと、連歌を作る会を山崎宗鑑(そうかん)が作ったのが始まりである。

時代は、信長が世に出るか出ないかの頃、応仁の乱が終わった辺りである。旦那衆の遊びでやっている時代は、まだ良かった。連歌がだんだん盛んになってくると、勝れた作品に賞品を出すようになった。それが次第に参加者の会費から、賞金を出すように変わっていった。

 旦那衆には、お付きの人たちがいる。その人たちも連歌に加わるようになって、連歌の集まりが増え、賞金の額も大きくなり、最後にはバクチのごとき様相を呈した。すると、賞金稼ぎのような人物も現れ、江戸時代には幕府が取り締り令を出したこともあったが、隠れてする集まりでは、効果がなかったという。

 松永貞徳(1570年)が、発句(ホック=立句)の五七五を分離して、独立句として、「俳諧」とすることを始めた。この一派を貞門と称する。
この頃になると、武士などの参加も次第に増えてくる。連歌を作るためには、万葉集や和漢朗詠集や漢詩の教養も、土台として必要となる。しかし、参加者が増えて底辺が広がると、質の低下は避けられない。

俳諧の世界は、教養人だけでなく、市井の一般人も含めて参加する人の数が増えたが、句としては言葉をもて遊ぶがごとき、例えば貞門派のように川柳まがいの句が流行した。それを憂えた西山宗因は談林派をつくって修正を図った。

いわば 俳諧の一派だが、西山宗因を中心に、井原西鶴・岡西惟中らが集まり、延宝年間(1673-1681)に隆盛した。言語遊戯を主とする貞門の古風を嫌い、式目の簡略化をはかり、奇抜な着想・見立てと軽妙な言い回しを特色とするが、蕉風(しょうふう) ──芭蕉一派の発生とともに衰退した。宗因流。飛体(とびてい) 。阿蘭陀(オランダ) 流などとも呼ばれる。

貞門派も談林派も江戸と大阪が中心であったが、次第に全国に拡まった。 

芭蕉が奥の細道で全国行脚ができたのは、このような経緯で各地方に弟子がおり、師の芭蕉の来駕を待ち望んでいたからである。地方の旦那衆が商売で江戸に出てきて、俳諧なる洒落た遊びのあることを知り、勉強して、その地に帰ってから旦那衆が先生になって俳諧の会を開いた。

芭蕉の、江戸の弟子の旦那衆には、商売の相手が各地にいる。芭蕉が江戸を発つに当たっては、地方の商売相手への旦那衆の添え状があったらしい。そこで数日俳諧を教えて、次の土地にはここの旦那の添え状が・・・という風に、芭蕉は路銀も持たずに、俳諧の旅を続けることができたのである。



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.