K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
芹をつみ来し妻の手が夜はにほふ・・・・・安住敦
511_l芹

     芹をつみ来し妻の手が夜はにほふ・・・・・・・・・・・・・・・・安住敦

ayumi-4安住敦
安住敦は明治40年東京芝生まれ。逓信省に勤め、富安風生が局長の縁で俳句を始めた。新興俳句に関心を深め「旗艦」に参加。
弾圧の時代、「多麻」を創刊、応召する。
昭和20年末、久保田万太郎を擁して「春燈」創刊、支え続けた。
51_5.jpg
昭和38年、二代目の主宰となる。
句集に『貧しき饗宴』『木馬集』『古暦』『市井暦日』『暦日抄』『午前午後』『柿の木坂雑唱』など。
俳人協会会長。蛇笏賞受賞。エッセイにも勝れる。昭和63年没。 私の好きな句を上げてみる。
------------------------------------------------------------------------
gp8825.jpg

 くちすへばほほづきありぬあはれあはれ

 帯のあひだにはさんでありし辻うらよ

 相倚るやしんしんとして霧の底

 霧に擦りしマッチを白き手が囲む

 ふらんす映画の終末のごとき別れとつぶやく

 てんと虫一兵われの死なざりし──8月15日終戦──

 しぐるるや駅に西口東口

 春の蚊や職うしなひしことは言はず

 鳥渡る終生ひとにつかはれむ

 ランプ売るひとつランプを霧にともし

 留守に来て子に凧買つてくれしかな

 恋猫の身も世もあらず啼きにけり

 妻がゐて子がゐて孤独いわし雲

 涅槃図に束の間ありし夕日かな

 かいつむり何忘ぜむとして潜るや

 春昼や魔法の利かぬ魔法瓶

 蛇穴を出て日蝕に遭ひにけり

 鳥帰るいづこの空もさびしからむに

 散るさくら骨壷は子が持つものか──神保愷作縊死す──

 夜の書庫にユトリロ返す雪明り

 花明しわが死の際も誰がゐむ

 独活食つて得し独活の句は忘じたり

 枯菊焚いてゐるこの今が晩年か

 眼薬のおほかた頬に花の昼

 花菜漬愛に馴るるを怖るべし

 秋忽と癒えたるわれがそこに居ずや

 雪の降る町としふ唄ありし忘れたり
-----------------------------------------------------------------------
gp5419.jpg

ネット上に載る安住敦の「言行録」の一部を紹介しておく。

安住敦の言葉(1)

「花鳥とともに人間が居、風景のうしろに人間がいなければつまらない。花鳥とともに人生があり、風景のうしろに人生がなければつまらない。」
安住敦は、戦後久保田万太郎を擁して俳誌「春燈」を興す。
師と仰いだ久保田万太郎は、市井の人情を描いた劇作家、小説家としても大家であった。
安住敦の俳句は紆余曲折(これは別ネタで)を経た後、戦後は庶民感覚的な抒情的な句風となっていく。
これはやはり師事した万太郎の影響が大きかったのであろう。

参考 西嶋あさ子著「俳人安住敦」白凰社

安住敦の言葉(2)

「旅を詠むのでなく、旅で詠むものです」
これは説明の必要はないであろう。
しかし、単純にして奥行きの深い言葉である。
安住敦が主宰していた「春燈」の勉強会でよく言っていた言葉だという。
また、常に「ありのままを詠むしかない」と繰り返していたという。

参考 西嶋あさ子著「俳人安住敦」白凰社
---------------------------------------------------------------------
20090401115209.jpg

安住敦の句は好きで、何度も引いてきたが、ここに転載するのに適当な記事が余りないが、
大西巨人の鑑賞文を引いておく。

てんと蟲一兵われの死なざりし・・・・・・・・・・・安住敦

*しぐるるや駅に西口東口

 句集『古暦』〔一九五四〕所収。「八月十五日終戦」という前書きが付けられている。

それは、たとえば、中村草田男の

切株に踞(きょ)し蘖(ひこばえ)に涙濺(そそ)ぐ〔『来し方行方』、一九四七〕、

金子兜太の

スコールの雲かの星を隠せしまま〔『少年』、一九五五〕

が作られて、

また腰折れながら私自身の

秋四年いくさに死なず還りきて再びはする生活(いき)の嘆きを〔『昭和萬葉集』巻七、一九七九〕

が作られたころである。

そののち、たとえば、斎藤史の

夏の焦土の焼けてただれし臭さへ知りたる人も過ぎてゆきつつ〔『ひたくれなゐ』、一九七六〕

が作られて、いま敗戦五十年目の夏が来た。私は、万感胸に迫る。

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.