K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
京都府宇治田原町・正寿院に詣る・・・・・・木村草弥
o1024076813725848402.jpg
 ↑ 正寿院 新築の「客殿」外観
o1024076813725848693.jpg
 ↑ 正寿院 「客殿」内部 (ただし、この写真は天井画を嵌め込まれる前のもの。ご了承を)
700x500x6dad082bb519dda52cf42bf0.jpg
 ↑ 「猪目窓」─ハート形をしているとして若い女の子に人気
o1024076813725850273.jpg
↑ 「猪目窓」いわれの説明
o0480051413699226783.jpg
↑ 快慶作の不動明王 (奈良の博物館に寄託中)

      京都府宇治田原町・正寿院に詣る・・・・・・・・・・・・木村草弥

テレビで見て印象深かったので、﨑川君を誘って見に出かけた。
新「格天井画」の客殿の建物は新しくて、四月中旬の春大祭に合わせて一般公開される予定らしいが、見ることは出来た。 
大阪芸術大学の教員や学生などの執筆で、ネット上でも見られる。 → 正寿院「格天井画」
本堂の江戸度時代の天井画は、ちょうど檀家の法事があったので見られなかった。これもネットで見ることが出来る。

正寿院(しょうじゅいん)とは、こういう寺である。  ↓ Wikipedia─正寿院

高野山真言宗 慈眼山「正寿院」は、琵琶湖を一望でき、大和の大峰山に対し北大峰と称され栄えた霊山である鷲峰山の麓にある。
717年に建立された医王教寺の塔頭寺院として建立されたと言われているが、創建年は不詳である。
資料として残っているのは、慶長年間に祐胤大徳が再興されたとある。「不動明王坐像」は鎌倉時代初期 快慶 の作で、国の重要文化財である。
快慶は東大寺南大門にある阿吽像、高野山金剛峯寺にある孔雀明王、醍醐寺にある不動明王などを造像した名匠である。
正寿院像は、とても力強く、姿が若々しく、眼が玉眼で左右の眼に動きがあるのが特徴である。
また東大寺、興福寺、法隆寺に次ぐ大寺で、現存しない幻の大寺「内山永久寺」(跡地は天理市)の関係遺宝であるとされ、歴史上においても貴重な像である。

玄関先では樹齢300年を超える「サルスベリ」がお迎えする。
行事は2月節分星祭り、4月春の大祭・正御影供、毎月28日は縁日護摩、毎月第二土曜日は阿字観がある。

所在地 宇治田原町奥山田川上149
電話   0774-88-3601

交通アクセス
国道307号奥山田大杉トンネル先100m 旧奥山田小学校付近、奥山田会館手前の宮垣外交差点を右折し、約1km道なり右手山側(宇治田原側から)にある。

ホームページ
http://shoujuin.boo.jp/(外部リンク)

こんなサイトもあるのでアクセスされたし。「猪目窓」や縁起物ものなどを授かることが出来る。   → 「marryのサイト」
夏には「風鈴まつり」なども催される。 このサイトなどもいい案内になる。 → 「たまやんの独り気ままな神仏巡り!」
新規に投稿された。 →  公開された「天井画」のいくつかが見られる。





コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.