K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
藤原光顕の歌「あんまりな日々(3)」15首・・・・木村草弥
芸自_NEW

─藤原光顕の歌──(32)

     藤原光顕の歌「あんまりな日々(3)」15首・・・・・・・・・・・木村草弥
           ・・・・・・「芸術と自由」No,308/2017.5.1所載・・・・・・・・

         あんまりな日々(3)        藤原光顕

  また覚めてしまったみたいな朝のため買い置きしてあるちょっと雑炊

  説明を読んでまた見て15分後ふわ玉きのこ炒めらしきものができる

  なんとなく味噌の具合もわかってきて白菜スープ朝晩に飲む

  自炊も一年半かと食後のウーロン茶飲む 日に三度何かを食べる

  蕗の薹6つ庭で見つけたこと 食べ頃まで覚えているだろうか

  逝って早や二年になるか 林檎の皮ひとつながりに剥き終わる

  私が死ぬまで見ていてくれる笑顔 もうどこにも行かない遺影

  なんにも言わず見ていたくれるだけでいいひとりの酒は不味い淋しい

  なんにも言わず笑っているがほんとうにあんな一生でよかったのか

  進行を止めるだけです治りませんそんな薬を日に三度飲む

  洗濯籠に三日溜まっていた山が今日はストーブの前に積まれて

  眠るために眠剤を飲む死ぬために毒薬を飲むドラマ終わって

  何に怯えていた一日かとりあえず冷える足から眠らせてゆく

  とりあえず安泰と受けとっておく「春になるまでじっとしてます」

  何があるというでもないがとりあえずひたすら春を待っております
-------------------------------------------------------------------------------
いつもながらの藤原節である。
この頃の藤原さんの詠いぶりは哀しい。
奥さんへの追慕が痛々しい。
藤原さんの食事は、同じく独り暮らしの私のものよりもバラエティがあるようだ。
今年の冬は寒かったので、終連の「ひたすら春を待っております」が的確であり、かつ痛切である。
ご恵贈ありがとうございました。



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.