K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
内藤恵子『詩・エッセイ・評論集成』・・・・・木村草弥
内藤_NEW

──新・読書ノート──

       内藤恵子『詩・エッセイ・評論集成』・・・・・・・・・・・・木村草弥
                  ・・・・・エディット・パルク2017/02/04刊・・・・・・・

この本は先に紹介した詩誌「Messier」同人の内藤氏の近刊である。
先日、紹介した件の返礼として恵贈されてきたものである。
この本の奥付に載る「著者略歴」を引いておく。

1936年 東京生まれ
1959年 学習院大学独語・独文学科卒業
1964年 京都大学文学部研究科博士課程入学
1971年 シュトットガルト工科大学マスターコース終了
1986年 京都大学教育学部教育学専攻卒業
1988年 京都工芸繊維大学非常勤講師ドイツ語担当
2010年        〃      退職
著書・翻訳・評論など多数

はじめに、「献詩」として「メシエ」誌主宰者・香山雅代あての作品があるが、その一節に

<高踏
 美的
 難解たれ
 強い衝撃に突き上げられる
 魂の叫びに
 忠実たれ>

というフレーズがある。 
これは、まさに香山氏の詩の特徴を言い当てて的確であるが、翻って内藤氏の詩は、それとは反対の平易な、わかりやすいものである。
この本の題名にもなっている巻頭の詩「遠望」を引いてみる。

         遠望           内藤恵子
            母には買うことを禁じられていた駄菓子屋

  ボックス型の乳母車
  掴り立ちして
  外を眺める
  頭の上から落ちてくる
  急な坂
  上から下へ
  下から上へ
  人が歩いている
  麓には駄菓子屋
  背後には人の気配
  京都言葉がふんわり
  手に握らせてくれる温もり
  重曹の苦みの残る
  パン菓子
  甘食
  記憶の果てから
  蘇った急な坂
  刻印された
  舌の上の甘食の痕跡

  店頭で飽くことなく
  甘食を探し
  衝動買いをおさえることが
  出来ない大人の私

  食べるたび
  ふくれ上がった
  山の割れ目から
  隠れた祖父が
  姿を現す
----------------------------------------------------------------------------
この詩「遠望」は内藤氏の郷愁を綴ったものだろう。
この一篇の詩が、内藤氏の作品のすべてを代表している、と言っても過言ではないだろう。

続く「揺れる」と題する詩に

<・・・・・
  庇護され
  未来への何の不安も
  持たぬ
  幸せな時代
  ものうげな時間の記憶
 
  いくつもの苦楽を
  重ねて
  ひとり身になった今も
  爽やかな風に
  踊る葉影が
  心を揺らす
  ・・・・・>

というフレーズがある。
これこそ、先に私が書いたことの証左と言えるだろう。

Ⅱ エッセイについて触れておくと、「ゴブラン織り」「おやつの思い出」などに年少期のことが書かれていて、山の手のインテリ家庭に不自由なく育った環境が、かいま見える。
それらのことと、先に引いた詩作品とは完全にリンクしているようである。

著者には『境界の詩歌』という「独と和の異色の評論集」と題される「詩歌は言葉の壁を超え得るのか 翻訳の可能性と不可能性」に触れた評論などがあるが、ここでは触れない。

誠に不十分ながら、この本の紹介を終わりたい。
ご恵贈有難うございました。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.