K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
藤原光顕の歌「巫山戯てる場合やないで」10首・・・・木村草弥
たかまる_NEW

──藤原光顕の歌──(33)

     藤原光顕の歌「巫山戯てる場合やないで」10首・・・・・・・・・・・木村草弥
                  ・・・・・・「たかまる通信」No.107 2017/07/01所載・・・・・・・

       巫山戯てる場合やないで      藤原光顕

  通訳不能の「忖度」 語彙豊かな日本のパソコンは一発で出る

  「忖度」の活字もめっきり見なくなってやっぱり萎縮するか新聞も

  これからはオレファーストでいけばいい どこもかしこもファースト流行り

  「おまえ何をぬかしとんねん!」うすら笑いの面へいっぺん言うてみたいな

  トランプとジョンウン、アベの三人が団結すれば・・・夢でよかった

  読まないでスルーする見出し そこから怖い時代が始まる

  雷の夜をエレベーターが上がったという句で逮捕された。 ホントの話だ

  反戦歌誌発送係Mさんを案じながら読む「共謀法」案

  歌人とか俳人は厳重注意せよ どうでもこじつけられる「結社」は

  株価動向に一喜一憂するのか地球滅亡の危機という日も 人間は
------------------------------------------------------------------------------
お馴染みの光顕ぶし、であるが、最近の亡妻を詠んだ歌ではなく、痛烈な時局風刺である。 痛快である。
はじめに、見出しの題名の「巫山戯てる場合やないで」の「巫山戯てる」の部分は「ふざけてる」と訓(よ)む。
今どきの人では、これは読めないかと思うが、国語辞典にも載るレッキとした日本語である。
こういうところに藤原さんの教養がキラリと光っている。
この一連は太平洋戦争の頃に歌人や俳人たちが「治安維持法」で逮捕された歴史的事実を取り上げている。 不当逮捕や拷問などが横行して、善意の人たちが、ひどい仕打ちに遭った。
今の「共謀罪」が拡大適用されて、そんな被害に遭う危険性がある、ということである。
この一連は、「時宜を得た」作品であると申し上げておく。藤原さんの「気力」が戻ってきた、と言えるだろう。
藤原さん、有難うございました。 


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.