K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
ちちをかえせ ははをかえせ/としよりをかえせ/こどもをかえせ/にんげんをかえせ・・・峠三吉
sei.jpg
 ↑ 峠三吉の遺稿「生」の自筆原稿
tour_23.jpg
 
   原爆詩集・序・・・・・・・・・・・・・・・・峠三吉

     ちちをかえせ ははをかえせ
 
     としよりをかえせ 

     こどもをかえせ

     わたしをかえせ わたしにつながる 

     にんげんをかえせ

     にんげんの にんげんのよのあるかぎり
 
     くずれぬへいわを
 
     へいわをかえせ 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ネット上に載る彼の経歴などを引いておく。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

峠 三吉(とうげ さんきち。1917年(大正6年)2月19日 - 1953年(昭和28年)3月10日)は、詩人。本名は、三吉(みつよし)。日本共産党党員であった。

生涯 父・嘉一はタイル製造などを手がける実業家で、三吉は父の勤務地大阪府豊能郡(現在の豊中市)に生まれ、生後まもなく家族とともに父の故郷広島市に転居した。幼い頃から気管支の病気に苦しめられしばしば喀血、広島商業学校(現在の広島県立広島商業高校)在学時から詩作にいそしんだが、卒業後は長期の療養生活を余儀なくされ、この病気は三吉を生涯苦しめることとなった。

さらに1945年(昭和20年)8月6日、爆心地より3kmの広島市翠町(現在の南区翠町)で被爆。

敗戦後は広島を拠点とする地域文化運動で中心的な役割を果たし、広島青年文化連盟委員長に就任した。広島県庁での勤務や雑誌『ひろしま』編集のかたわら、1951年(昭和26年)には「にんげんをかえせ」で始まる『原爆詩集』を自費出版、原爆被害を告発しその体験を広めた。

1952年(昭和27年)、新日本文学会全国大会出席のため上京の途上で大喀血し入院することになり、持病(気管支拡張症)の本格的治療を決意して、被爆から8年後の翌1953年(昭和28年)、手術を受けたがその際中に病状が悪化、14時間の苦闘のすえ手術台上で死没した。36歳没 。

峠の詩は、死後50年が経過し、著作権の有効期限が失効している。そのため様々な平和教材に引用されたり、ネット上で閲覧する事ができる。

峠三吉については ← この記事など、いろいろネット上に出ているので参照されたい。
--------------------------------------------------------------------------
tour_38.jpg

       心願の国・・・・・・・・・・・・・・・・・・原民喜

   濠端の柳にはや緑さしぐみ 雨靄につつまれて頬笑む空の下

   水ははっきりと たたずまい 私のなかに悲歌をもとめる

   すべての別離がさりげなく とりかわされ すべての苦痛がさりげなく ぬぐわれ祝福がまだほのぼのと
   向こうに見えているように

   私は歩み去ろう 今こそ消え去って行きたいのだ 透明のなかに 永遠のかなたに

05_2harasihiup_b.jpg
  ↑『原民喜詩碑』(平和記念公園 原爆ドームそば) 花の幻の詩碑  詩部分

「 碑銘 原民喜 
 遠き日の石に刻み 砂に影おち
 崩れ墜つ 天地のまなか 一輪の花の幻 」

この碑銘は、遺書にも書かれていた詩で、最終行から、民喜の命日は花幻忌と呼ばれる。当初、広島城内にあったものが、現地に移設された。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
峠三吉と並んで、挙げておかなければならないのが原民喜である。
彼ら二人は「被爆詩人」として、短いながら、作品を通じて原爆の悲惨さと平和を今も世界に訴えている。
遺稿「心願の国」には佐々木基一への手紙と並び、U・・におくる悲歌として、このような詩を残している。

tamiki2原民喜
 ↑ 原民喜
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

原 民喜(はら たみき、男性、1905年11月15日 - 1951年3月13日)は、日本の小説家、詩人。

生涯 1905年11月15日、広島県広島市幟町に生まれる。陸海軍・官庁用達の縫製業を営む父原信吉の五男。11歳で父を亡くしたショックから極端な無口となり、兄・守夫と家庭内同人誌「ポギー」を発刊して詩作を始めた。またその頃死の床にあった姉ツルから聖書の話を聞き、生まれ変わるような衝撃を受けた。
1923年広島高等師範学校付属中学(現・広島大学附属高等学校)四年を修了し、大学予科の受験資格が与えられた為に一年間登校せず、ロシア文学を愛読し、宇野浩二に傾倒。室生犀星、ヴェルレーヌの詩を耽読。同人雑誌『少年詩人』に参加する。
1924年、慶應義塾大学文学部予科に進学。1925年、辻潤、スティルネルに惹かれ、ダダイズムを経て、一時左翼運動へ関心を高めるが、次第に離れていった。1933年に慶應義塾大学英文科を卒業。卒論は「Wordsworth論」。相当の身代金を出し、本牧の女性を自由にしてやり、一ヶ月間同棲をするも、裏切られカルモチン自殺を図るが失敗する。

1933年、評論家佐々木基一の姉、永井貞恵と結婚。1935年、小品集『焔』を自費出版。1936年から1941年にかけて『三田文学』などに短編小説を多数発表するが、1939年の妻の発病により次第に作品発表数は減少した。1944年妻が糖尿病と肺結核の為死去。妻との思い出は後に「忘れがたみ」(1946年)などの作品を生んだ。

1945年1月、郷里の広島に疎開、8月6日に広島市に原爆が投下され、生家で被爆、幸い便所にいたため一命はとりとめるが家は倒壊し、二晩野宿する。それ以後被爆との因果関係は不明であるが体調がおもわしくない状態が続く。原爆投下の惨状をメモした手帳を基に描いた「夏の花」(1947年)は、1948年、第一回水上滝太郎賞を受賞する。

1946年に上京。慶應義塾商業学校・工業学校の夜間部の嘱託英語講師をしながら、『三田文学』の編集に携わり、その間、遠藤周作をはじめ多くの後進を育てた。1947年12月、英語講師を辞す。1948年1月、『三田文学』の編集室のあった能楽書林に転居し、雑誌編集と執筆活動に専念。徹底して人間の苦しみに連帯し、死者の嘆きに貫かれて祈り描いた「鎮魂歌」(1949年)など一連の作品を残した。1948年6月、『近代文学』の同人となる。1950年、朝鮮戦争の勃発を見て詩「家なき子のクリスマス」を発表した。

1951年3月13日午後11時31分、慢性的な体調不良や厭世観を苦に、国鉄中央線の吉祥寺駅 - 西荻窪駅間で鉄道自殺する。遺稿に「心願の国」「永遠のみどり」。親しかった丸岡明は、原の自殺前後のことを小説「贋きりすと」に描いた。遺稿は「心願の国」。

原民喜は草野心平主催の『歴程』に参加し、多くの詩を創作、また童話も多数残した。
原は対人関係や日常生活において臆する幼児であったと形容されるが、「僕は堪えよ、静けさに堪えよ。幻に堪えよ。生の深みに堪えよ。堪えて堪えて堪えてゆくことに堪えよ。一つの嘆きに堪えよ。無数の嘆きに堪えよ。嘆きよ、嘆きよ、僕を貫け。帰るところを失った僕を貫け。突き放された世界の僕を貫け」(『鎮魂歌』より)にみられるように、内部において強靭な意志を持った作家だという事が垣間見られる。

原民喜についても、このリンクを見てもらいたい。
-------------------------------------------------------------------
明日8月6日は1945年に広島に原子爆弾が投下された日である。
多くの人が倒壊した建物とともに即死し、生き残った人も被爆した「放射能」の後遺症で死んだり、ガンの発症などの苦しみに遭い、今も、それは続いている。
長崎とともに、このことは永遠に記憶されなければならないことである。
私が、敗戦記念の8月15日とともに「鎮魂」と「非戦の誓い」の八月と呼ぶ所以である。
また2011年には、三月十一日に地震・大津波と福島原発爆発事故が襲来し、大惨事となった。死者に対して哀悼の意を表するとともに、
原発廃止、エネルギー政策の方向転換を目指すべきだろう。 苦難の道は容易ではないが、前に進むしかない。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.