FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
涸沢純平『編集工房ノア著者追悼記 遅れ時計の詩人』・・・・木村草弥
ノア_NEW

──新・読書ノート──

     涸沢純平『編集工房ノア著者追悼記 遅れ時計の詩人』・・・・・・・・・木村草弥

旧知の編集工房ノア社主・涸沢純平氏から表題の本が贈られてきた。
関西では名の通った文芸に特化した出版社である。
ここからは『木村庄助日誌』─太宰治「パンドラの匣」の底本─を木村重信の編集で先年出してもらった。
早いもので、あれから、もう十年も経ってしまった。

この本は表題通り、涸沢さんが関わった文人とのいきさつを書いたものである。
「帯文」の裏面には

<大阪淀川のほとり、中津の路地裏の出版社。
 港野喜代子、永瀬清子、清水正一、黒瀬勝巳、
 天野忠、大野新、富士正晴、東秀三、中石孝、
 足立巻一、庄野英二、杉山平一、桑島玄二、
 鶴見俊輔、塔和子。 本づくり、出会いの記録。 >

と書かれている。 この帯文に、この本の一冊が要約されていると言える。

この本は還暦のときにまとめられた、というが、校正刷りのまま放置されていたが思い切って上梓された。
巻末に載る「略年史」が2006年までなのも、その理由だという。

画像に出したが、この本の装丁の、清水正一の筆跡の

   <雪ガフッテイル
      チ エ ホ フ・・・・・>

というオノマトペが何ともなく秀逸である。

不十分ながら紹介まで。
これからも地方からの文化発信に注力願いたい。 有難うございました。



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.