FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
佐伯泰英「故郷はなきや」新・古着屋総兵衛15・・・・木村草弥
ふるさと_NEW

──新・読書ノート──

     佐伯泰英「故郷はなきや」新・古着屋総兵衛15・・・・・・・・・木村草弥
                 ・・・・・新潮文庫2018/01/01刊・・・・・・・・

     鳶沢信一郎率いる交易船団が、ようやく越南に到着した。
     一行は政変時に離れてしまった総兵衛の母親・今坂恭子の安否確認に総力を挙げる。
     一方、江戸では、丹石流の剣を遣う手練れの浪人・筑後平十郎が総兵衛暗殺の刺客を
     請け負ったとの情報がもたらされた。
     平十郎は、稀代の名刀・福岡一文字則宗に執心しているという。
     知恵者の小僧の忠吉は犬の甲斐を連れて何喰わぬ顔で、その長屋へと向かった・・・・・・。  


お馴染みの「新・古着屋総兵衛」シリーズの(15)である。 二時間ほどで読了した。
いつもながらの見事なプロットである。



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.