FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
第17回全国口語短歌大会「作品集」・・・・木村草弥
口語_NEW

──新・読書ノート──

     第17回全国口語短歌大会「作品集」・・・・・・・・・・・・・木村草弥

標記の会が開催され、その作品集が送られてきたので披露しておく。
全部で259の歌の投稿があった。

下諏訪町町長賞
   月冴える諏訪は信濃の聖地なり湖面を軋ませ神わたりゆく・・・・・・・・・・横浜市  上平正一

長野日報賞
   下座(くだりまし)と上座(あがりまし)を確認し五年ぶりの御神渡り 宮司の顔は爽やか・・・・・・・・・・岡谷市  金森功純

   選者賞

沖ななも賞
   高枝に一羽降り立つひよどりは野生のプライド強き目を持つ・・・・・・・・・・・下諏訪町  中根みち子

伝田幸子賞
   凍(し)みますねと言えば返る言葉も凍みますね 空凍みに湖こおる・・・・・・・・・諏訪市  河西己恵子

水野昌雄
   立ち止まり立ち止まり行く長い坂 信州そばの畑は広い・・・・・・・・・・北杜市  坂口京子

梓志乃賞
   一月の空澄み渡る札幌で九条生かせとマイクを握る・・・・・・・・・札幌市  細川昭子

光本恵子賞
   いつもと違う道もいい ふと角を曲がれば満開のさくらに出会う・・・・・・・・・・岡谷市  片倉嘉子

     優秀賞

   長靴に我がないたる藁縄を巻きて古老が凍道を行く・・・・・・・・・・八戸市  北村道子

   氷上を歩くとルルル空気の動く音がした心の奥の諏訪湖の記憶・・・・・・・・・・岡谷市  三枝弓子

   過ぎし日のフィルムのコマ繰りゆけばボニーテールの私が翔ける・・・・・・・・・・別府市  久下つま子

   反骨の俳人逝って「アベ政治を許さない」という遺墨見つめる・・・・・・・・・・青森市  木村美映

   雪柳の真白き花が風にほれ唐松の若葉が空に映える・・・・・・・・・・諏訪市  宮沢八郎

   二年ぶり何を話題にしようかなラベンダー色に街たそがれる・・・・・・・・・富山市  佐伯悦子
----------------------------------------------------------------------
一人2首投稿の人が大半なので、130人ほどの人が投稿したことになる。
「協賛」の二首は、さすがに郷土を詠った作品が選ばれた。
選者賞は、それぞれ選者の好みが出ていて面白く拝見した。
ご恵贈ありがとうございました。



 

   
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.