FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
玉井洋子詩集『霾る』・・・木村草弥
玉井_NEW

──新・読書ノート──

     玉井洋子詩集『霾る』・・・・・・・・・・・・・木村草弥
             ・・・・・澪標2017/08/22刊・・・・・・

難しい漢字である。「霾」とは、れっきとした中国伝来の古い字である。
図版でも読み取れるように日本語の「訓」では「つちふる」と訓むが、いまどきの言葉で言えば「黄砂」のことである。
昔の中国人は、黄砂のように砂が巻き上げられ、空が暗くなるのは「タヌキ」が悪さをしているから、と理解したのだろう。
だから「雨かんむり」に「狸」という旁の漢字になっている。こういう「会字文字」は、一見して意味が分かりやすくて佳い。(閑話休題)
玉井さんは神戸の人で君本昌久校長の「市民の学校」の事務局を長く勤められたという。
前詩集に阪神大震災を詠んだ『震える』があるという。
この本には40篇の詩が収録されている。「たかとう匡子」さんと「倉橋健一」氏の「栞」文が挟んである。
先ず、題名になった詩を引く。

       霾る         玉井洋子

   食べてよというので
   茹でて
   おかあげにしておいた
   舞茸が
   花椒(フォアジャオ)をかけてねという
   使ったことがないので渋っていると
   いいからとせっつく
   食は広州にありというから
   ひとっ走り行ってこようかなと思ったけれど
   空も海も
   閉ざされていて
   渡れない

   オアシスに行ってみると
   棚で待っていてくれた
   花椒花椒花椒
   
   これでどうだ
   たっぷりふりかけ
   バターでいためて
   食べてやった

   おともなく
   霾る
------------------------------------------------------------------------------
<おともなく/霾る>の結句が、起承転結の「転」のようで、快く、的確である。

Ⅲ章の題名になっている詩を引いておく。

       六月どこでなにしてた     玉井洋子

   木洩れ日が文字をゆらした

   一人
   二人
   きて
   三人去った

   長い葉柄くるくる
   どこよりも早く
   風があつまる
   ポプラに
   巣
   と
   カラスが
   後になり先になり
   蠱惑的なダンスなんかしてみせて
   囮る

   二人連れが横切りました
   黒髪をシュシュで束ね
   トイレットペーパー抱えたお嬢さん
   一ロール60メーターとして
   総延長720
   小公園がぐるっと囲い込める距離
   快 快 快 食う 眠る 便々
   平和な日本
  
   六月どこでなにしてた

   高いポプラの木の上で卵呑んでた
   羽毛のようなものが喉に残った
-----------------------------------------------------------------------------
そして、もう一篇引いておく。

       ランゲルハンス島からの便り      玉井洋子

   陶器の白は
   大根の白
   まるい便器を拭きながら
   ふと考える
   大根っていいね
   切っても切っても
   まんまるで
   食べても食べても
   まっすぐで
   じんわりしぐれが降っている
      ・・・・・・・
   こうして
   大根一本まるごと味わえるようになると
   オトナだね
      ・・・・・・・
   ランゲルハンス島から便りがとどく
       ・・・・・・・
-------------------------------------------------------------------
「帯」文に書かれている通り、「霾る」という言葉が象徴する世界が展開される。
不十分な鑑賞ながら、この辺で終わりたい。      (完)       
   


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.