FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
「未来山脈」掲載作品・2018/12 「松柏美術館」・・・・木村草弥
b2b9d_0001353819_1.jpg
20110110_1549152.jpg
↑ 大渕池から松柏美術館を望む
syouen6.jpg
 ↑ 上村松園 画
haru01.jpg
 ↑ 上村松篁 画
上村淳之 鴫 画廊表玄
 ↑ 上村淳之 鴫
光本_NEW
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


──「未来山脈」掲載作品──(12)

      「松柏美術館」・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
                   ・・・・・2018/12掲載・・・・・・

     松伯美術館      木 村 草 弥

   元(株)クボタ専務のK氏が来宅されて恐縮の至り

   小学校の恩師が近くの老人ホームに入居中でお見舞のついで、と

   本年度の「健詠賞」受賞お祝いメールへの返礼

   上村松園、松篁、淳之の三代にわたる作品を収集展示する松伯美術館

   広大な大渕池を眼下に眺める閑静なたたずまい

   ここは元近鉄社長・佐伯勇の別邸跡に建つ美術館

   大渕池緑地に面して閑雅なK氏宅が建つ高級住宅地

   高台の住宅地の I 女史宅から朝の散歩に池畔を歩いた

   女史が亡くなって二年  きつい坂道の記憶

   カイツブリが きりりりと鋭く鳴いていた朝明け
--------------------------------------------------------------------------
K氏の来宅から「大渕池」「松柏美術館」などへの回想を一連の作品にまとめてみた。
上村家三代の作品が納められてある。
ぜひ訪れてみられよ。いいところである。
この地にまつわる私の I 女史との関わりも、ちらっと出しておいた。




      
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.