FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
詩「野のほとり」・・・野本 昭
72dbd41257de9b6a_S.jpg

      野のほとり・・・・・・・・・・野本 昭

   △ 闘鶏
 
   闘鶏は
   夕日を
   厚く着込んで
   鎮まっている

    △ 昼寝

   うたたねの
   終始
   怒号の鳥と
   諍っている

    △ 羽抜鶏 
  
   羽抜鶏は
   見かけほどには堪えていない
   陽を直に浴びられるだけ
   血潮に赫いて
   場末の道を力強く歩み行く

    △ ハンカチーフ

   白いハンカチーフに
   赤い唇を押しつけて
   女は去っていった
   男はそのハンカチーフを
   壁に貼って三年になるけれど
   一度も
   女の消息を聴いていない

    △ 蛙

   緑葉に縋りついて
   あの蛙は
   緑の色素を吸い取ったよう
   その分だけ
   周りの葉が白つぽい
----------------------------------------------------------------------------
これは月刊詩誌「詩と思想」2018年12月号に載るものである。

野本昭
1938年2月8日生まれ。北海道教育大学卒。稚内高校定時制教諭を経て、現在フリーライター。千葉県柏市在住。
詩集『幼らは夕日を浴びて眠る』 (2007年 鳥影社刊) というのがあるらしい。

これ以外の情報はない。

近代詩の有名なものとして、フランスのジュール・ルナールの「短詩」がある。
また、三好達治の詩に

   蟻が蝶を引いてゆく
   ああ
   ヨットのようだ

というものである。
私は野本氏の短詩を読んで、一瞬、ルナールや三好達治を連想した。

ここに引いたのは、雑誌に載るものを忠実に再現したもので、△なども元のままである。
闘鶏の画像は私が勝手に載せたものである。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.