FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
井奥成彦/谷本雅之編『豪農たちの近世・近代─19世紀南山城の社会と経済』・・・木村草弥
井奥_NEW

──新・読書ノート──

     井奥成彦/谷本雅之編『豪農たちの近世・近代─19世紀南山城の社会と経済』・・・・・・・・木村草弥
                ・・・・東京大学出版会2018/09/25刊・・・・・・・

浅田周宏氏から、この本を恵贈された。厚さ3センチもある分厚い学術研究書である。定価9200円。
これには、いきさつがあるのである。
Wikipedia 『浅田家文書』という江戸時代からの豪農・浅田家に伝わってきた文書が、東京大学経済学部に保管されていて、学者たちが、それを読み込んでさまざまに研究し、その成果を発表してきた。
その続編の研究成果が、この本である。上の「赤字」になっている部分は「リンク」を意味します。アクセスして、ご覧ください。
この本の前編になる本を頂いて、私が執筆したのが、上に挙げたWikipedia なのである。

この本を読み込んで、当該部分に書き加えた。
それは、第2章 「豪農・浅田家の資本蓄積」(石井寛治) からの抜粋である。

<天明期に領主・津藩による苛酷な負担に苦しみ経営難に陥っていた西法花野村の豪農・浅田家が、
 堺屋・八木家からの金融により苦境を凌ぎ、在方肥料商人として地域への安価な肥料の導入に努めたことから、
 地全体の生産力向上をもたらし、浅田家の手作・小作経営の収益を押し上げて資産を蓄積した。>

この本自体は、他にも言及する膨大なものであるが、浅田家に該当するものに限定して採り上げた。
ここに書かれる「堺屋・八木家」は、木津川対岸の木津の街にあって、木津川舟便を束ねる問屋として、水運がらみで自己資本の蓄積を重ね、当該地域の「豪農の中の豪農」に成長した、と書かれている。
この本では、「豪農」と書かれているが、私は水運に関わる「商人」だというのが正しいと思う。
その蓄積した資金で、農地を取得して「地主」となっていたとしても「豪農」というのは、違うのではないか、というのが私の意見である。
浅田家のように「農地経営」に専念するのが「豪農」というのが正しい、と思うが、いかがだろうか。
この八木家だが、明治になって「鉄道貨物便」が発達してくると、雨や嵐などの天候に左右されないので、船便は廃れ、従事していた人々は廃業していった。
八木家も、木津を離れ、子孫の人は学者の道に進まれた、と書いてある。

私宅は分家なので直接の関係はないが、「本家」は小さいながらも木津川船便の問屋をやっていたが、鉄道便に負けて「離散」し、どこかへ行き、本家の墓は私宅が管理している。
時代の移り変わりというものは、かくも苛酷なものである。
この本を頂いた機会に、敢えて書いておく。
ご恵贈有難うございました。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.