FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
「未来山脈」掲載作品・2019/09 「その岩」・・・木村草弥
未来_NEW

pixta_13042744_M黒部五郎岳
↑ 黒部五郎岳

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is the question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


──「未来山脈」掲載作品──(21)

       「未来山脈」掲載作品 「その岩」・・・・・・・・・・・木村草弥
                 ・・・・・・2019/09掲載・・・・・・・

      その岩        木 村 草 弥

   かつて、日本列島を氷河が覆っていたことがあった

   現在の気象状況からその光景を想像するのはなかなか難しい

   当時に較べて今ははるかに温暖だし地形も穏やかだから

   氷河時代の名残がカールやモレーンと呼ばれる氷蝕地形だ

   中部山岳国立公園の黒部五郎岳は標高二八三九m

   高い山でもないし険しい山でもない黒部川源流の風景

   その景観の中にひときわ目立つ岩がある

   その岩は黒部五郎岳カールの高山植物に囲まれている

   「割れ」が入ったところなども長年の風雪を耐えてきたのだ

   もとあったところから流転して今の場所へ。そして留まる
----------------------------------------------------------------
この号は花岡カヲル歌集『枯葉のみやげ』の特集号となっており、私が2018/11/27付でブログに載せた鑑賞文も載せられているので参照されたい。
ただし、私の書いた旧記事の初めの部分17行ほどがカットされているので、詳しく上にリンクした部分を見てもらいたい。



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.