FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
私の生前戒名を授与された・・・草弥
草弥_NEW

草弥_0001_NEW

        私の生前戒名を授与された・・・・・・・・・・・・・草弥

かねて菩提寺にお願いしておいた私の「生前戒名」が授与された。
画像として掲出したものが、その通知状である。
二番目の画像の右側には、私の本名「木村重夫」と書かれているが、私のスキャナではサイズがはみ出すのでカットした。
住職とも話し合って、私のペンネームを「法号」(戒名)の中に採りいれてもらって有難いことである。
私は、ここ二、三十年来、本名でなくてはならない以外は「木村草弥」と名乗って過ごしてきたので、死後も、この名が残るのが念願だったから嬉しい。
それとともに、私の本名も「智院」という院号の他に、日蓮宗では必ず「日号」と言って「日なんとか」と付くが、そこに「夫」の字と同じ音の「雄」の字を採って「日」と命名していただいた。
戒名の全体像は、画像で見られる通りである。
「逆修」とは、生前受戒の意味であり、「草弥」の部分が朱字になっているのも生前授戒だからである。
すでに亡妻の位牌はあるが、それは「お正念抜き」をしてもらって、新しく、今回の私の戒名と並べた位牌を新調することになる。
その場合に、私は生存中だから、私の戒名には「草弥」の箇所が朱字になるのである。
これで私の「死に支度」は整ったことになる。
以上、謹んで、ご報告である。   合掌。

この機会に「戒名」のことで少し補足して書いてみたい。
宗派によっては「院号」とか、全体の字数なんかに差別があることがあるが、日蓮宗は幼い童子などの場合を除いて、すべての人に「院号」が付く。
居士、大姉、信士、信女を問わず、である。
「日号」と言って、日蓮宗徒である印として「日なんとか」と付くのが特徴である。
全体の字数も同じ長さである。
私の住んでいる辺りは、すべて浄土宗であるが、「院号居士」という言い方があるように「院号」にも「院」以外に「軒」「斎」というのが付く差別があるらしい。
浄土宗には「五重」という制度があり、これを受けると戒名が授けられ、戒名の末尾に「禅定門」女ならば「禅定尼」と付くようである。
ネット上の情報によると、こういう戒名の付け方に金銭がからみ、院号などは金額が高い、とか書いてある。
これらは、本来は、信仰の深さとか菩提寺への貢献度の多寡で判断されるものである。
私は無信心で「居士」には値しないのだが、父が戦後の混乱期に「檀家総代」を務めていて功績があるし、亡妻が既に「大姉」の称号を得ているので、それと並べる意味から居士が付いたと思っている。




コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.