FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
入って行く 日本剃刀の/一瞬の光りが眺めたさに・・・・田村隆一
FI2618507_1E.jpg

   路上にて・・・・・・・・・・・・・・・・・・田村隆一

     花の形をした花がある
     人の形をした人がいる

     花ならば散るだろう
     人ならば枯れるだろう
      高層ビルは腐敗するだけ
     そんな都市空間にどんな花が

     どんな人間が生きているのか
     ぼくは露地のある町並を歩き

     小さな鉢植の花が咲いている
     「若返り軒」という床屋さんに
      入って行く 日本剃刀の
     一瞬の光りが眺めたさに

FI2618507_2E.jpg

----------------------------------
この詩は田村隆一・詩、荒木経惟・写真『花の町』(河出書房新社1996年刊)に載るものである。
FI2618507_4E.jpg
このシリーズの詩は雑誌「草月」の連載「花の街」に書き下ろし詩、撮り下ろし写真を加えて編集されたものだ。
田村は1998年に亡くなっているから、最晩年の作品ということになる。
彼については8/26に記事を載せたので、ご覧いただきたい。

田村隆一は「荒地派」の詩人として出発しているから、当初の詩は高踏的で極めて難解なものであったが、後半にはマスコミに登場したりして取り上げられたので、意識して平易な作風に転換した。
この詩などは、そのような典型である。
この詩集の終わりには「路地は毛細血管」という題で、田村と荒木との「掛け合い漫才」のような対談が9ページにわたって載っている。
というのは、この詩集の写真は東京の古い「路地」で撮られたものが大半だからである。

田村◆路地というのは、僕ふうに言うと、人間の世界の毛細血管になる。
僕は風呂で亀の子束子(たわし)を使うんだけど・・・・
荒木◆あたしもアレですよ、亀の子束子。顔もこすっちゃう。
田村◆あれ一回使ったら、やめられなくなっちゃう。
荒木◆ほかは駄目ですよね。
田村◆駄目駄目。あれでないとお湯に入った気がしない。手とか足をこすると、全体の血行が良くなるだろう。つい毛細だと思ってるけどね、毛細血管って、血行なんかに非常に重要な役割をしているんだよ。
まあ路地が毛細血管だとすると、鉄道やハイウェイなんかは、動脈だね。人間は、いったん動脈に乗っちゃうと、物流のブツになるんだよ。会社での月給というのは、モノの値段なんだ。
荒木◆毛細血管てのはいいな。あたしの感じだと、たとえば木だと枝ですよね。だからすぐに入りこみたくなっちゃう。

という具合につづく。
今どき「亀の子束子」なんて使うのは「西式健康法」なんかを信奉している人のすることで、若い人なんかにかかれば、呆れられちゃうだろう。二人とも江戸っ子だから、「てやんでぇ!」という意気軒昂な「きっぷ」が見て取れる。
荒木は「アラーキー」と称される過激な写真家だから、この本に載る写真にも女体の「緊縛」ヌードがあるなど「大人」の気配の濃いものである。窓辺に坐る若い女性のヌードが濃い恥毛をさらけだしている写真などもある。いかにも田村や荒木の面目躍如という感じの本である。この過激さゆえに多くのアラーキーファンを擁しているのである。
読み出したら面白くて、やめられないが長いので全部は引ききれない。関心のある方は買うか借りるかして読んでみてほしい。
荒木経惟については2009/10/11の記事に書いた「宮田美乃里」さんの壮絶な歌集の写真を撮ったのがアラーキーである。ぜひご覧いただきたい。

コメント
コメント
まことに仰られる通りで!
    Sohyaさま

 まことに仰られる通りでありまして、もう大都市には血脈や血流は殆ど御座いません。すべてが機能化し、計算づくのことであり、昔あったようですが、パリ・コンミューンのような学生運動すらありません。若い者のハケ口がどうなっているんだろうと、まだ40を半ばに半信半疑になっているところです。東京は、江戸時代から世界一の大都市であったわけで、そういう意味から申し上げますと、今や巨大ロボットか人造人間か、はたまた透明人間か、さっぱり方向性はわけが分かりません。

 家内は京の鉾町の出身ですが、あそこも家内の申すことは大都市になってしまって、それなりのところに行くには少々努力がいるなどと話しています。暴れることも、無意味になったようで、姑息なサギのみが横行している現状はいかんともし難いのであります。せめてこうした文芸や芸能や、芸術に活路を見出したく存じおります。

 大変失礼を致しました。僕がお仕えしていた時の、前の会社のCEOで、亡くなってから早三年が経ちました。家内と、知り合った切っ掛けを作って下さったのも彼でした。享年41歳で、僕より少々年下でした。以前からブログを交歓している方とは「主人」と表現だけで普通に話せているものですから、本当に失礼を申し上げました。

 現在僕は、彼が創始した或る財団の理事長をしております。日本中に、山櫻を植え廻ろうという魂胆です。ちょうど各地の櫻の名所では『補植』の時季になっております関係上、各地の行政庁中心に需要が来ているようです。財団法人日本さくらの会は半分以上は公的機関に対して、僕たちは故人の残した資産だけで、すべて民間で管理運営しております。櫻山を造ることも夢の一つです。今後ともよろしくご指導下さりませ!
2009/10/12(月) 20:58:45 | URL | 硯水亭歳時記 ? #xxIaUQbE [ 編集 ]
「主人」のこと、了解しました
■松本さま。
お早うございます。
「主人」の件。よく判りました。
おっしゃるように、各地で桜の木が弱ってきており
奈良の吉野でも、問題になってきています。
種類によっては、寿命の短い木があり、植え替えの時期にきているそうです。
ソメイヨシノなどは特に短命ですが、私の素人考えながら、ソメイヨシノは「実生」ではなく「取り木」ということで、これは、いわば「クローン」のようなものなので寿命が短いのではないか、と愚考していますが、いかがですか。
では、また。
2009/10/13(火) 07:05:11 | URL | sohya #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.