FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
三村あきら詩集『楽土へ』・・・木村草弥
楽土_NEW

──新・読書ノート──

      三村あきら詩集『楽土へ』・・・・・・・・・・・・・木村草弥
                ・・・・・澪標2019/05/31刊・・・・・・・

この本が贈られてきた。
山田兼士先生が「帯文」を書いておられる。
この作者は、七十歳を過ぎてから、大阪文学学校で、小説や詩を学んだらしい。
そこで山田兼士に勧められて、この詩集を編んだという。

三村あきら
1936年 岡山県の北辺に生まれる

この詩集の概要は、山田兼士の「帯文」に書かれている通りである。
この本には、全部で30篇の作品が、ほぼ見開き2ページに一篇の詩として収録されている。
少し作品を見てみよう。

       枯れ野をゆく      三村あきら

   仕事に疲れて呻きながら
   御堂筋を南へくだり
   銀杏並木に和らげられながら
   南御堂に辿りつく

   椎の巨木の下に句碑はある
   ・・・・・夢は枯れ野をかけめぐる (芭蕉)
   ストレスが溜まり 吟詠すると
   心労から解きほぐされた

   夢を求めて枯れ野をかけめぐり
   楽土を求めて呻吟し
   土木を生業にして生きた

   母の匂いは 土のにおい
   作業服のぬくもりは 母の肌
   枯れ野に 安養の祈りをささげる

---------------------------------------------------------------------------
この詩は Ⅰ 楽土へ の八番目に載るものだが、ほぼ、この詩集の概略を盛った作品と言っていいだろう。

こんな詩もある。

       平安な家庭     三村あきら

   窓が明るんでくる カタンコトン
   遠く環状線の鉄橋の響き
   寝間のなかで 鉄路の音を聞き分け
   その日の天候を予知し 起きる

   最近 向いに高層マンションが建ち
   生駒の遠景は閉ざされ 鉄路の響きは遮断
   窓 窓から幼児の泣き声
   虐待かと窓から身をのりだす

   窓 窓から夫婦喧嘩のがなりあい
   ギャンブルに敗けたら取り返せ
   死ぬほど働いても何もならん
   銭がすべての世の中と

   平和な家庭に夢をあたえる
   都構想 カジノで大儲け予告
   依存症は法律が守ってくれる

   ギャンブルで楽しい家庭
   心寂れ カタンコトンの響きを懐かしみ
   窓を見あげると 狭い青

-----------------------------------------------------------------------------
この詩は、今どき大阪で話題になっている「大阪都構想」を、皮肉っている。
また「幼児虐待」などの時事性にも触れていて秀逸である。
こういう時事に敏感な耳も大切にしたい。
そして大阪人には東に聳える「生駒」連山が、原風景として必須なのだが、それが懐かしく詠われている。
大阪と言っても広いから、北大阪、南大阪、あるいは和泉地方の人々には違和感があるかも知れない。

Ⅱ 望郷  には、離れてきた古里への郷愁が詠われている。
1936年生まれだから、先の大戦の記憶を濃く持つ作者である。大戦争中に少年期を過ごした。
作品を引くことはしないが、詩として情趣深く描かれていることを書いておきたい。
作者は、もう若くはないが、これからも折に触れて詩を書いてもらいたい。

ご恵贈に感謝して筆を置く。        (完)



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.