FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201907<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201909
俳句誌「鷹」2019/7号を読む・・・木村草弥
鷹_NEW

──新・読書ノート──

      俳句誌「鷹」2019/7号を読む・・・・・・・・・・・・・木村草弥 

俳句結社「鷹」は、この七月に創刊五十五年を迎えるという。
七月七日には、京王プラザホテルで、55周年記念大会と同人総会が開催されるという。
普通は外から客を迎えて開催されるのだが、この会は外からは招かず、「鷹」同人だけで開かれるという。 

私は俳句の実作者ではないし、もちろん局外者である。
ただ、折勝家鴨句集『ログインパスワード』を読んだことから、折勝さんの知己を得て、付き合っているので、頒価1300円を支払って取り寄せてみた。
↑ リンクになっているのでアクセスしてみてください。
その折勝さんは、現在、「鷹」の事業部長という席にあって、大会準備に大忙しだろう。 

私は局外者ではあるが、「鷹」の創立者・藤田湘子の同行者だった「飯島晴子」に多少のゆかりがあるのである。 ↓ の文章を読んでもらいたい。  
「俳人・飯島晴子のこと」

さて「鷹」2019/7号のことである。
巻頭に、小川軽舟「風塵」12句が載っている。

     青麦や大聖堂は遠く燃ゆ       小川軽舟

     筍のうつふんと掘りあげられし

     ダービーの風塵と去る馬群かな


初句は、もちろん、パリはシテ島のノートルダム大聖堂の火災による焼失のことである。
二番目に引いた句の「うつふんと」というオノマトペが秀逸である。
そして、日本ダービーの景を「風塵」として把握した。いずれも時事として的確である。
現・主宰の小川軽舟は、前主宰からの指名と先輩同人たちの挙っての賛成で推挙されたという。そんな「いきさつ」も、この号に詳しい。

この号の「俳句時評」に大西朋氏が自由律俳句の住宅顕信のこと、映画化のことを書いている。
私は2012/03/02に「水滴のひとつひとつが笑っている顔だ」という記事を書いている。 ← リンクになっています。アクセスして読んでください。
私は映画は見ていないが、この句が彫られて岡山の旭川のほとりに建っている。

私も短歌結社に所属していたので経験があるが、結社の成り立ちによって、結社誌の構成も、さまざまである。
俳句のヒエラルキーには詳しくないが、「鷹」は古くからの伝統を守っているらしい。
古参作家による「日光集」一人6句。幹部を集めた「月光集」一人5句。あとは「鷹集」という4~1句の欄。
その間に「推薦30句」軽舟選というのや、「秀句の風景」という2ページの批評の欄があったりする。
「俳壇の諸作」として、結社外の作品について折勝家鴨氏が2ページの批評を書いている。
他に、記念号だけあって、主宰の「自選50句」があったり、「主宰に聞く」10ページが組まれている。
「特集 平成、あの年」というのに多くのページが組まれている。
その中の「平成の鷹俳句を読む」企画の「昨日のように」上田鷲也による記事の中で
      梅白し死者のログインパスワード     折勝家鴨 (24年)
が引かれているが、このことからも、、この句が、一つのメルクマールとして燦然と光っていることが分かる。

極めて走り書きに過ぎない書き方になったが、「鷹」創立55周年にあたり、お祝いの意味を込めて書いてみた。
大会には、同人たち三百数十人が集うそうである。   おめでとうございます。    (完)



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.