FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
藤原光顕の歌「ばらばら」17首・・・木村草弥
たかまる_NEW
たかまる_0001_NEW

──藤原光顕の歌──(41)

       藤原光顕の歌「ばらばら」17首・・・・・・・・・・・・・木村草弥
                  ・・・・・「たかまる」No.114/2019.7掲載・・・・・・・

      ばらばら       藤原光顕

  最後の視野になる窓辺には柿の枝の釣り忍など絵になりそうで
  呑み込んだあのひとことのお蔭ですチョコなど舐めてテレビ視ている
  そんなのもありかこの世は 殺された五歳が書いたひらがなの詫び
  汗拭いてまた庭の草抜いてゆくやっぱりそうか自死だったのか
  十五回では儂に勝てんなと笑ったYさんはもう引っ越せない処にいる
  日暮れまえの舞子過ぎれば思い出す国道沿い安藤さんのガリ版の店
  右の耳に鳴いたカラスがいっしゅんで左の耳に羽音をのこす
  思い出す白い横顔 六十年前 鈴蘭台の霧の夜の駅
  神戸大丸 まっすぐ屋上まで上がる まず山と眩しいビルを確かめる
  あの人に明日は電話してみようあるようでない用事をつくって
  住む人のいるようでいないようでのたくっている庭の散水ホース
  見下ろした角度のせいだ ここまで来て訪ねないまま引き返すのは
  返すこと念押した本は戻らない電話帳みたいな山頭火句集など
  水加減間違えた飯を噛み続けるいつまでも噛んでおれる朝飯
  オッこんなところにあったかと覗いて締めてまた置いておく
  給料日前夜も何かは口にした あれから六十五年が経った
  探しまわった眼鏡が鼻にのっている梅雨の一日が無事に暮れる
----------------------------------------------------------------------
藤原さんが、ようやく元気になられたようで慶賀至極と申し上げる。
庭の雑草抜きなどに汗を流しておられるらしい。
相変わらず「懐旧」的な歌が続くが、無理からぬところがあるだろう。
一、二苦情を呈しておくと、
十五回では儂に勝てんなと笑ったYさん>
<オッこんなところにあったかと覗いて締めて
アンダーラインを付けた個所などは、意味不明で舌足らずである。
「十五回」とは碁か将棋を打っている景であろうか。
現代詩などでは「意味を追うな、感じるものだ」などと言うが、短歌は、意味を重んじる詩であるから、もう少し言葉を足したい。
それにしても、やはり「梅木さん」の絵は、いいなあ。

湿気の多い梅雨から夏になるので、体に注意して、これからも佳い歌を詠んでください。
有難うございました。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.