FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
渋野日向子「AIG全英女子オープン」ゴルフ優勝・・・木村草弥
216222.jpg
↑↓↓ 写真は三枚とも「ゴルフダイジェスト・ニュース」より
216221.jpg

216232.jpg

       渋野日向子「A I G 全英女子オープン」ゴルフ優勝・・・・・・・・・・・木村草弥

     <AIG全英女子オープン>◇最終日◇4日◇英ミルトンキーンズ・ウォバーンGC(6756ヤード、パー72)
      ◇賞金総額450万ドル(約4億9500万円)優勝賞金67万5000ドル(約7400万円)

(転載)──ネット上の記事を転載させていただいた。 (紙名を失念したのでお許しを)   

黄金世代の渋野日向子(20=RSK山陽放送)が、日本勢では男女通じて42年ぶりのメジャー優勝を達成した。
77年全米女子プロを制した樋口久子(現LPGA顧問)以来2人目の快挙。「笑顔のシンデレラ」が世界を驚かせた。

 ◇    ◇   

海外初試合でメジャー優勝を飾った渋野を、17年に現役を引退した宮里藍さん(34)の夫、座親匠さん(38)が支えた。
英語での優勝スピーチの前には、英文を紙に書いて手渡し、英国テレビ局のインタビューでは通訳を務めた。
米国育ちの座親さんは、宮里さんが米女子ツアーに本格参戦した06年、宮里さんの通訳を務め、翌07年からはマネジャーを兼務。
何度も宮里さんのメジャー大会優勝争いを見てきたが、宮里さんは夢を果たせず、17年限りで引退した。
翌18年6月に夫婦となったが、座親さんは宮里さんのマネジャーを継続しながら、海外試合に挑戦するゴルファーをサポートをしている。

8歳でゴルフを始めた渋野も、宮里さんに憧れてきた世代の1人。
スピーチ前、試合以上に緊張しながら、座親さんから手渡された紙を見つめる姿が印象的だった。

「AIG全英女子オープンゴルフ詳報」に詳しい。




コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.