FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
うすい/ブルーの衣装をさらさらと着て/秋はこっそりやって来た/素足のまま・・・根来眞知子
根来_NEW

FI2618441_4E.jpg

──季節の詩歌句鑑賞──

         うすい
       ブルーの衣装をさらさらと着て
       秋はこっそりやって来た
       素足のまま

       そっとしのびよって来て
       わっとおどろかそうとする子供のように
       ひそやかに 気づかれるのを
       憚かるように──
       雨の中を
       秋がやって来た
       ひややかに しっとりと──
       私は
       秋の微笑をみた
       細かい白い

        (後略)

         ・・・・・・・・・・・・根来眞知子

---------------------------------------------------------------------------
この詩は根来眞知子さんの第一詩集『ささやかな形見』復刻版に載るものである。
先日紹介した詩集評への返礼として贈られたものである。
この本の後半は「すみくらまりこ」氏による英語による翻訳になっているが省略する。
すみくら氏の略歴のみ記しておく。

すみくらまりこ(日本)
詩人、エッセイスト、翻訳家。1952年京都生まれ。
立命館大学卒業。
日本国際詩人協会代表。国際詩誌「詩の架け橋:天橋」編集主幹。
主な著書 『心薫る女』 『夢紡ぐ女』 『光織る女』 『愛装ふ女』 『地抱く男』 (いずれも竹林館)
2010年第49回ストルーガ詩祭、2015年「ミハイ・エミネスク国際詩祭」に参加。
受賞歴 :『御名を唱えて』(原題省略)により2012年アイルランド文学交流協会から翻訳出版賞を受賞。
2017年セルビア、パンノニアン・ゲレブ詩祭出版賞を受賞。2018年オーストリア・ウイーン国際文学祭ミロシュ・ツルニャンスキー賞、ナジ・ナーマン国際文化賞(名誉賞)受賞 他。

今は、まだ暑いが、季節は、ひたひたと迫ってくる。
そんな季節のトリミングとして、この詩を引いておく。
ご恵贈有難うございました。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.