FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
白丁が「三の間」に身を乗りいだし秋の水汲むけふは茶祭・・・木村草弥
FI2618520_1E.jpg
 
       白丁が「三の間」に身を乗りいだし
          秋の水汲むけふは茶祭・・・・・・・・・・・・・木村草弥


今日10月6日、京都府宇治市で茶業の基礎を築いた3人の祖──栄西、明恵、利休に感謝し、宇治茶の発展を願う「宇治茶まつり」が開かれる。
法要式典会場の興聖寺や塔の島周辺で開かれ、野点の席や、茶の飲み比べコンクールなどが催される。

写真①は宇治橋の「三の間」から白丁に扮した人が宇治川から水を汲む様子である。
この「三の間」という欄干の出っ張りは他の橋には見られないもので宇治橋独特と言われている。
むかし太閤秀吉が手ずから、ここから水を汲んだという故事が伝えられる。

FI2618520_2E.jpg

写真②は茶祭の法要の会場の興聖寺である。
この催しは今年で68回を迎える行事で、午前9時から「名水くみ上げの儀」を行なった後、茶業者らが平等院前を通り、興聖寺まで行列する。

FI2618520_3E.jpg

写真③は宇治平等院の鳳凰堂である。10円玉でおなじみだ。
興聖寺では午前10時から「茶壺口切り」や裏千家による供茶、使い切った茶筅(せん)に感謝する茶筅塚供養が営まれる。

ここで茶業の基礎を築いた3人を紹介しておこう。
すなわち、日本に初めて茶の実を持ち込んだ栄西禅師、宇治に茶園を拓いた明恵上人、茶道の祖である千利休、の三人である。
「宇治茶まつり」は例年10月の第1日曜日に催される。
この頃は、まだ結構暑くて、そのことは私の歌の中にも描いてある。
「祝竹」というのは三の間の写真にも出ているが正式には「忌竹」というが一般的には祝い事なのにと違和感があるので「祝竹」と改めた。
ほぼ、こんな行事進行だということが私の歌を見てもらえば理解していただけよう。もっとも私がこの一連を作ったのは20年も前のことである。
私の掲出の歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載せた11首の一連である。
ただし自選50首には採っていないのでWeb上ではご覧いただけない。

  茶 祭・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

白丁が三の間に身を乗りいだし秋の水汲むけふは茶祭

三の間に結ふ祝竹この年の秋の茶事とて日射しに輝(て)らふ

青竹の水壺五つささげゆく琴坂あたりうすもみぢして

水壺の渡御のお供はみな若し即ち宇治茶業青年団

汲みあげて散華の雫となすべけれ茶祖まつる碑に秋日が暑く

一位の実色づく垣の橋寺の断碑に秋の風ふきすぎぬ

口切は白磁の壺の緋房解く美青年汝(な)れは青年団長

口切の茶は蒼々と光(て)りいでて御上水もて今し点つるも

茶の香りほのかににほふ内陣に茶祖の語録の軸かかげらる

秋空へ茶筅供養の炎(ひ)はのぼり茶の花は未だ蕾固しも

たそがれて皆ゐなくなる茶の花の夕べを妻はひとりごつなり
------------------------------------------------------------------
宇治橋の「三の間」に因んでだが、私の家の座敷に、三の間から翁が水を汲む絵と「若鮎や雨にもあらぬ峡の雲──俊宣」という俳句を書いた額が架かっている。
描いた人が誰かわからないが、絵の中の水を汲む人物は太閤さんだと仄聞するが、本当かどうかは判らない。ご愛嬌までに。




コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.