FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
「京を詠った私の一首」─宇治・・・木村草弥
371px-Ujibashi_Danpi.jpg
↑ 宇治橋「断碑」古代の碑文
11708.jpg
↑ いまは「覆い屋」で保護される。境内から発見された古い碑の断片(上部)と江戸時代に復元・継足した部分(下部)が明白に判別できる。

──エッセイ──

   「京を詠った私の一首」─宇治・・・・・・・・・・・・・木村草弥
       ・・・・・・・(角川書店「短歌」2001年3月号・大特集<旅に出てみませんか・歌めぐり京の旅>⑤ 所載)・・・・・・・・


      ■一位の実色づく垣の橋寺の断碑に秋の風ふきすぎぬ・・・・・・・・・・・木村 草弥

この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に「茶祭」の題で収録した十五首の歌の一つである。
 毎年十月に宇治茶業青年団の奉仕で催される「茶祭」は年中行事として定着した。
「橋寺」というのは宇治川の川東にある寺で、川底から引き揚げられたことで有名な「断碑」を安置してある。
 昨年11月に私が訪れたら台座を修理中で他へ預けられていたが、今は元通り置かれている。

ここには平成3年に上田三四二の初めての歌碑が建立された。それは

     <橋寺にいしぶみ見れば宇治川や大きいにしへは河越えかねき>

という歌で、原文には濁点はふらず、歌は四行書きで、結句の文字は万葉仮名で「賀祢吉」と書かれている。
この歌碑の写真 ↓
o0800045013349211591上田三四二歌碑


京都と奈良の中間にある「宇治」は、この歌に詠まれているように古来、「宇治川の合戦」をはじめ歴史的に枢要な土地であった上に平等院などの史跡にも富む。
源氏物語の「宇治十帖」に因んで十年前に創設された「紫式部文学賞」と、川東に建つ「源氏物語ミュージアム」が成功して、
特に秋のシーズンには観光客で、ごった返すようになった。
因みに昨年の紫式部文学賞の記念フォーラムはNHKの桜井洋子さんの司会で俵万智、江国香織、川上弘美他の各氏が「愛と恋と文学と」と題して盛況であった。

(お断り)
この文章は2001年に発表したものであるから、記事中の「昨年」などの記載は、現時点のものではないから、予め読み替えていただきたい。
-----------------------------------------------------------------------------
この歌碑については、小西亘『宇治の文学碑を歩く』 (澪標)の冒頭「宇治川右岸を歩く」のところに載っているので参照されたい。




コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.