FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
たちまちに君の姿を霧とざし或る楽章をわれは思ひき・・・近藤芳美
003霧

    たちまちに君の姿を霧とざし
        或る楽章をわれは思ひき・・・・・・・・・・・・近藤芳美


この歌は近藤芳美の、戦後まもなくに発表した「相聞」の歌として有名なものである。
作られたのは戦前で、とし子夫人との甘やかな新婚時代あるいは婚約中の交際時期のものであろうか。
『早春歌』昭和23年刊所載。
近藤芳美は東京工業大学出の建築家が本職。建築技師や大学教授などを務めた。
広島高等学校在学中に中村憲吉について「アララギ」入会。
戦後は新風十人などとして嘱望され、アララギの若き俊英と呼ばれる。
昭和26年短歌結社「未来」創刊、30年より朝日歌壇選者。近年、「未来」編集を岡井隆に譲る。
この歌のように、いかにもインテリらしい作風と処世の態度を一貫させてきた。
左翼運動さかんな頃も、それに共感を寄せつつも、それに溺れることはなかった。
また前衛短歌運動の時期も、ある一定の距離を置いて接してきた。
それらの運動の退潮期を経た今は、むしろ近藤芳美の生き方、処し方が自由な姿勢として評価されている。
以下、近藤芳美の歌を少し引く。

  落ちて来し羽虫をつぶせる製図紙のよごれを麺麭で拭く明くる朝に

  国論の統制されて行くさまが水際立てりと語り合ふのみ

  送りかへされ来し履歴書の皺つきしに鏝あてて又封筒に入る

  果物皿かかげふたたび入り来たる靴下はかぬ脚稚(をさな)けれ

  コンクリートの面にひそかに刻みおきしイニシヤルも深く土おほはれつ

  あらはなるうなじに流れ雪ふればささやき告ぐる妹の如しと

  手を垂れてキスを待ち居し表情の幼きを恋ひ別れ来りぬ

  果てしなき彼方に向ひて手旗うつ万葉集をうち止まぬかも

  鴎らがいだける趾の紅色に恥(やさ)しきことを吾は思へる

  営庭は夕潮時の水たまり処女(をとめ)の如く妻かへりゆく

  売れ残る夕刊の上石置けり雨の匂ひの立つ宵にして

  耳のうら接吻すれば匂ひたる少女なりしより過ぎし十年

  生き死にの事を互ひに知れる時或るものは技術を捨てて党にあり

  乗りこえて君らが理解し行くものを吾は苦しむ民衆の一語

  帰り来て踏まれし靴を拭くときに吾が背に妻は抱かむとする

  傍観を良心として生きし日々青春と呼ぶときもなかりき

  講座捨て党に行く老いし教授一人小さき一日の記事となるのみ

  身をかはし身をかはしつつ生き行くに言葉は痣の如く残らむ

  離党せむ苦しみも今日君は告げ売れざる暗き絵を置きて行く

  反戦ビラ白く投げられて散りつづく声なき夜の群集の上

  森くらくからまる網を逃れのがれひとつまぼろしの吾の黒豹
-----------------------------------------------------------------------
近藤芳美は90歳を越えても現役歌人として大きな地歩を占めてきたが、2006年6月21日に亡くなった。
作品数も膨大なものである。上には初期の歌集『早春歌』『埃吹く街』『静かなる意思』『歴史』から引いた。
これらを読むだけでも、先に書いた近藤芳美の生き方が作品の上にも反映していることが読み取れるだろう。
私としても一時は「未来短歌会」に席を置いたものとして無関心では居られない。
事典に載る記事を下記に引いておく。
---------------------------------------------------------------------
近藤芳美
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

近藤 芳美(こんどう よしみ、1913年5月5日 - 2006年6月21日)は、日本の歌人である。

本名は近藤 芳美(読みは同じ)。戦後の歌壇を牽引する歌人として活躍し、文化功労者に選ばれた。長年「朝日歌壇」(朝日新聞)の選者を務めたことで知られるほか、建築家としての顔も持つ。

生涯
1913年、父の赴任先であった旧朝鮮(現・大韓民国)・慶尚南道の馬山で出生。12歳で帰国し、父の郷里・広島市鉄砲町(現・広島市中区鉄砲町)で育つ。広島二中(現・広島観音高)時代の教師に影響を受け、短歌に関心を抱いた。旧制広島高校(現広島大学)在学中に、広島市近郊で療養中の歌人中村憲吉を訪ね、「アララギ」に入会、本格的に作歌を始めた。以後、中村及び土屋文明に師事した。

東京工業大学卒業後、清水建設に入社。設計技師として勤務する傍ら、アララギ同人としての活動を継続した。戦時中は中国戦線に召集された。終戦後の1947年、加藤克巳、宮柊二ら当時の若手歌人と「新歌人集団」を結成。同年、評論『新しき短歌の規定』を発表した。またこの頃、鹿児島寿蔵や山口茂吉、佐藤佐太郎らと共に「関東アララギ会」を結成している。

1948年、妻で歌人のとし子(本名=年子)への愛情などを綴った処女歌集『早春歌』を上梓。同年刊行の歌集『埃吹く街』と共に注目を集め、戦後派歌人の旗手としてのデビューを飾った。

1951年、岡井隆、吉田漱、細川謙三らと共にアララギ系短歌結社「未来短歌会」を結成、同時に歌誌『未来』を創刊し、これを主宰。石田比呂志、大田美和、道浦母都子など多くの歌人を育成した。また、現代歌人協会の設立に尽力し、1977年以来約15年に亘って同協会の理事長の任にあり続けた。神奈川大学の教授も務めた。

このほか、朝日新聞をはじめ、中国新聞、信濃毎日新聞などの短歌欄の選者として、市井の人々による短歌に対し積極的な評価を行った。殊に朝日新聞の「朝日歌壇」では、1955年から2005年1月まで約半世紀に亘って選者を務めた。

2000年から2001年にかけて、これまでの歌集や評論をまとめた『近藤芳美集』(全10巻、岩波書店)が刊行された。

2006年6月21日午前10時1分、心不全(毎日新聞によれば、前立腺癌)のため、東京都世田谷区の至誠会第二病院で死去。93歳。遺志により、葬儀・告別式は親族のみで行い、後日未来短歌会主催による「しのぶ会」を開く予定。

思想
芯からの反戦主義者として知られる。自らの戦争体験から、平和を強く希求するようになった近藤は、終戦記念日に日本戦歿学生記念会(わだつみ会)が開催した反戦集会に参加するなど、戦争に反対する主張を一貫して展開した。その姿勢は自らの評論や短歌のみならず、新聞の短歌欄における選歌にも反映されており、「朝日歌壇」で彼が選ぶ歌の中には、反戦に関する作品が必ずといって良いほど含まれていた。教育現場での日の丸・君が代強制問題が浮上した時期には、強制に反対する立場から詠まれた歌を複数回採用している。 そのためか、朝日歌壇は一部の愛国者から「時事詠が多すぎる」と批判されている事もある。

年表
1913年 出生
1932年 「アララギ」に入会
1947年 「新歌人集団」を結成
評論『新しき短歌の規定』発表
1948年 歌集『早春歌』、『埃吹く街』を刊行
1951年 6月、歌誌『未来』を創刊、編集発行人に就任
1956年 現代歌人協会設立
1969年 『黒豹』(1968年)で第3回迢空賞を受賞
1977年 現代歌人協会理事長に就任(~1991年)
1986年 『祈念に』(1985年)で第1回詩歌文学館賞を受賞
1991年 『営為』(1990年)で第14回現代短歌大賞を受賞
「近藤芳美方」としていた『未来』発行所を、東京都中野区東中野に移転。同時に発行人名義を岡井隆に譲る
1994年 『希求』(1994年)で第6回斎藤茂吉短歌文学賞を受賞
2006年 死去

近藤芳美の歌碑が此処にあるのでご覧あれ。彼の出身地である広島のことも書かれている。
--------------------------------------------------------------------
この掲出歌の対象と思われる「近藤とし子」夫人も、2010年秋に亡くなられた。
その件について、こんなツィッターがネット上に出ているので引いておく。

@caille2006
うずら

近藤年子氏、2日に死去。92歳。向山のご自宅によく芳美先生の原稿を頂きに伺った。
リリアン・ギッシュのような可憐な姿は「早春歌」の名歌「たちまちに君の姿を霧とざし」の「君」そのままだと思ったものだった。
06年に芳美先生が亡くなってからのお辛さが偲ばれる。楽になられただろうか。合掌。
11月4日 TweetMe for iPhoneから
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
これによると2010/11/02に亡くなられたようだ。本名は年子だが、ペンネームは「とし子」だった。
ご夫妻の間には子供はなかったので、淋しい晩年だった、と思われる。ご冥福をお祈りする。

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.