FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
「写俳」の提唱・創始者─伊丹三樹彦が死んだ・・・木村草弥
c1811e36伊丹三樹彦
 ↑ 近影。一緒に写るのは娘の啓子。
sim伊丹三樹彦
↑ 伊丹三樹彦 全句集
41676aca伊丹三樹彦
 ↑ 写俳集Ⅶ。ギリシア・イタリアなど
20180324171731564784_4c5b7c0556110f6ed3f76c3bc0fc96d5伊丹三樹彦「隣人」
 ↑ 写俳集「隣人」
BK-480601687X_3L伊丹三樹彦
 ↑ 第26句集『当為』
bookoffonline_0016614036伊丹三樹彦「写俳」
bookoffonline_0016637432伊丹三樹彦
02itami伊丹三樹彦
579865677伊丹三樹彦

──エッセイ──

     「写俳」の提唱・創始者─伊丹三樹彦が死んだ・・・・・・・・・・・・木村草弥

新聞報道で知って驚いた。
伊丹三樹彦というのは、こういう人だった。

伊丹三樹彦
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊丹 三樹彦(いたみ みきひこ、1920年3月5日 - 2019年9月21日)は、俳人、写真家。本名は岩田 秀雄(いわた ひでお)。別号・写俳亭。

略歴
兵庫県伊丹町(現伊丹市)に生まれ、同三木町(現三木市)で育つ。三木市立三樹小学校、兵庫工業高等学校卒業。
13歳から長谷川かな女の俳誌「水明」にて俳句を始める。1937年、日野草城の「旗艦」に投句、のち「旗艦」が統合された「琥珀」同人。
戦後、同門の桂信子や楠本憲吉らと「まるめろ」を創刊。また「太陽系」に参加。1949年、日野草城主宰の「青玄」創刊に参加し、編集、発行を行う。
高校卒業後は神戸大学工学部を受験するも失敗、神戸市役所に採用される。
1956年の草城没後は「青玄」を継承し主幹となる。
以後、第二次「青玄」においてリアリズム・リリシズム・リゴリズムの「三リ主義」を標榜し、超季、分かち書き俳句を推進。
1970年、写真と俳句の相乗による「写俳」運動を創始。2003年、現代俳句大賞受賞。
その他、兵庫県文化賞、神戸市文化賞、尼崎市民芸術賞、大阪市民文化功労賞、半どんの会文化功労賞、文部大臣地域文化功労者表彰を受ける。
2006年、脳梗塞で倒れたが奇跡的に元気を回復、高齢ということもあり自重して「青玄」を607号にて終刊。

妻の伊丹公子(2014年12月15日没の89歳)、娘の伊丹啓子はともに俳人。
現在、啓子が2006年に創刊した季刊誌「青群」顧問、現代俳句協会顧問などを務める。門下に坪内稔典、松本恭子ら。

2019年9月21日、肺炎のため伊丹市の病院で死去。 99歳。
-----------------------------------------------------------------------------
私のブログでも初期の写俳集を採り上げて載せたことがある。
前の大戦をくぐってきた人なので、「反戦平和」についての強い意志を表明していた。

ここに写俳集の写真の一端を掲げて、哀悼の意を表したい。  合掌。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.