FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
筒井早苗歌集『椿は咲きて』・・・木村草弥
筒井_NEW

──新・読書ノート──

      筒井早苗歌集『椿は咲きて』・・・・・・・・・・・・・木村草弥
              ・・・・・青磁社2019/09/26刊・・・・・・・

この本は筒井早苗さんの第七歌集ということになる。他に叢書としてアンソロジーがあるらしい。
ここで、この本の巻末に載る筒井さんの略歴を引いておく。

1933年生
1954年 新月入会
1064年 新月賞受賞
1982年 歌集『遠光る海』
1990年 歌集『日のある時間』 現代歌人集会賞受賞
      現代歌人叢書『筒井早苗歌集』
1995年 歌集『鳥は還らず』 
2002年 歌集『藤の領域』
2010年 歌集『霜月祭』
2012年 歌集『混沌』

筒井さんとは、近隣に住むものとして年賀状のやりとりなどはしてきたが、詳しい付き合いは無い。
短歌結社「新月」の代表として、かつ有名歌人の一角として、また地域の大会の指導者としても活躍して来られた。
私は昨年、終活として詩歌関係などの蔵書を日本現代詩歌文学館などの図書館にまとめて寄贈したので書架は空っぽになった。
だから、筒井さんからの贈呈本があったかどうかも確認できない。
私のブログの過去記事も検索してみたが、筒井さんの本については出て来なかった。
ブログは2004年二月からなので、それ以前に贈呈を受けているかもしれないが、蔵書整理をしたので確認できなかった。ご了承を得たい。

「あとがき」によると昨年末で主宰された「新月」を終刊にされたらしい。
どこの結社も会員の老齢化や若い人の参加者が無いなどの問題に直面しているらしい。
「塔」などは若い会員が増えているというが、これは指導者が意識して努力していることの証左だろう。
前書きが長くなったので、筒井さんの歌を見てみよう。

この本には「椿」の歌が多い。
筒井さんは椿の花が好きなのだろうか。
椿の花の好きな人として豊臣秀吉、俳人の石田波郷などが知られる。

この本の Ⅱの章の中に「椿は咲きて」という項目がある。そこに載る歌

   *覚悟などあるもあらぬも天命の尽くる日は来む椿は咲きて

「帯」裏の自選五首の中にも、この歌が引かれているから、この歌から題名が採られたと言ってもいいだろう。
椿を詠んだ歌を少し引いてみよう。

   *とりどりの椿の花に見詰められ見つめ返して日盛り歩む
   *いづれ解る否わかるまい八重一重色それぞれに椿は咲きて
   *つらつらと思ひ出さる共に見し巨勢の春野のつらつら椿
   *五色椿の咲くころほひか枝移りさへづるかの日の鳥はいづこぞ
   *白毫寺の五色の椿を見定めて巡る椿の囲む境内
   *五色椿の五色まなこに収めきて仄めく胸や夜ふけてなほ

「椿」の花に寄せる心象が詠まれている。
六番目に引いた歌の「仄めく胸」という何とも言えない色気の表現が秀逸である。

   *人恋ふる心忘れて久しきよ人恋ふはよし山上の虹
   *短歌なくて何が残らむ不器用で整理下手なるこのわたくしに
   *生かされて加速してゆく一年の良きも悪しきもすでに茫茫
   *「香虎」シャンフウに口腹満ちてそれぞれの方へと別れのてのひらを振る
   *八十歳を越えたる命の使ひ道あるやあらずや春の日暮るる
   *海外クルーズ楽しみをりし時代など霞む一日一日の密度

「短歌なくて何が残らむ」というところに、歌に執着して半生を生きてきた筒井さんの「矜持」が見られる。
また、ひところ「海外クルーズ」に興じられていた歌を読んだことがある。
それらの、こもごもが、ここには詠まれている。

愛する娘さんが急逝されたという歌が見える。「生きたかりけむ」という一節である。

   *娘の歌声しづかに流れ祭壇にほほゑむ遺影が胸をゆさぶる
   *うつすらと死化粧され目を閉づる柩の中の子よ美しき
   *老いてなほ涸るることなき涙とて喪失感が身をめぐりゆく
   *ひとつ咲きうかがふやうに二つ咲く紅椿なりあしたも咲けよ

子に先立たれるという逆縁の哀しみの歌である。老いると、さまざまなことに出会うことになる。そして、ここにも「椿」である。
このようして、この一巻は「椿」が縦糸のように通貫していると言うべきだろう。

拙い鑑賞を、そろそろ終わりたい。巻末のところに

   *六十五年詠み続け得し恩寵を思へよ沈む夕日が赫い
   *変化する水の流れを越えきたる命なりけり令和のひかり

の歌が見られる。 けだし一巻を締めくくる歌として結構なものであろう。
これにて、この本の鑑賞を終わる。雑駁な鑑賞に終始したことをお詫びする。 ご恵贈有難うございました。
これからも佳い歌を残していただきたい。        (完)




コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.