FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
かなしめば鵙金色の日を負ひ来・・・加藤楸邨
FI2618536_1E.jpg

      かなしめば鵙(もず)金色の日を負ひ来(く)・・・・・・・・・・・加藤楸邨

モズは百舌とも書かれ、「留鳥」と言われるが晩秋から冬季以外に人の耳目にかかることは少ない、と思われる。
モズの存在に気づくのは木の先端などに止まって、ききききき、とけたたましく啼く冬季の「高鳴き」であろうか。これはモズの縄張り宣言だと言われている。写真①はモズの雄。

FI2618536_2E.jpg
写真②はモズの雌。
モズの学名はLanius bucephalus というが、雄は嘴から目を通る過眼線が黒く、嘴はカギ状で翼に白斑があり、雌は過眼線は茶色く、腹部に波模様がある。
中国東北部、朝鮮半島周辺部に分布し、日本でも北海道から九州まで広く分布して繁殖するという。
「留鳥」だが、楸邨の句のように俳句では「秋」の季語になっているように人の耳目に触れるのは「高鳴き」をする冬季になってからである。
昆虫、カエル、大型の虫など何でも食べるが、スズメを襲って食べることもあるという。
捕らえた獲物を小枝などに刺しておくことがあり「モズのはやにえ(早贄)」と呼ばれる。
写真③は、その一例でトカゲの串刺しである。
FI2618536_3E.jpg

モズは冬季になると一羽づつ縄張りを持つようになり、ききききき、あるいはギチギチギチギチギチ、と鳴くのは「警戒音」だと言われている。
他の鳥の鳴き真似をするのがうまいというので「百舌」と呼ばれる所以である。
2月中旬頃に雄の縄張りに雌が訪れて、雌の一方的選択で一夫一妻が成立する。
と見られてきたが、DNA指紋法によって「婚外交尾」があることが明らかにされた、という。
巣作り、子育ては夫婦で一緒にやる。
求愛ダンスの最中の囀りに、雄はウグイス、ヒバリ、ホオジロなどの他の鳥の鳴き真似を入れるらしい。
求愛給餌は、番いの成立から、巣立ちに至るすべての時期に見られるという。
私も長年、田園地帯に住んでいるが、モズの地鳴きがどんなものか、いまだによく判らない。
モズを詠んだ句を引いて終りたい。

 我が心今決しけり鵙高音・・・・・・・・高浜虚子

 われありと思ふ鵙啼き過ぐるたび・・・・・・・・山口誓子

 たばしるや鵙迸る野分かな・・・・・・・・石田波郷

 逢はざるを忘ぜしとせむ雨の鵙・・・・・・・・安住敦

 鵙鳴けり日は昏るるよりほかなきか・・・・・・・・片山桃史

 夕百舌やかがやくルオー観て来たり・・・・・・・・小池文子

 鵙高音死ぬまでをみな足袋を継ぐ・・・・・・・・渡辺桂子

 鵙鳴いて少年の日の空がある・・・・・・・・菊地麻風

 鵙の贄叫喚の口開きしまま・・・・・・・・佐野青陽人

 青年を呼びつつありき鵙の贄・・・・・・・・永田耕衣

 鵙の贄閉ぢし田小屋の戸の釘に・・・・・・・・太田嗟

 てつぺんはかわくかわくと鵙の贄・・・・・・・・小桧山繁子

 まだ乾びちぢむ余地あり鵙の贄・・・・・・・・寺島ただし

 鵙の贄思ひ出さねば過去は無し・・・・・・・・岡崎るり子

 いま沈む日輪を刺し鵙の贄・・・・・・・・星野衣子


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.