FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
夏の月裸婦像は唇閉ぢきらず・・・横井来季
002056snpv41pesinkzp6k裸婦像
 ↑ ルーヴル美術館蔵 ギリシア彫刻 イメージ

──「俳句甲子園」2019から──

      夏の月裸婦像は唇(くち)閉ぢきらず・・・・・・・・・・・・・横井来季

テレビで、たまたま見た番組の中に、この句があった。
入選句でもない句だが、印象に残ったのでメモしておいた。
作者は名古屋高校Bチームに所属する生徒だということである。
「横井」という姓は名古屋地域に多い、特有の姓である。
この回の兼題は七つほどあったが、その中の「夏の月」の題によるものである。
この作者には「金魚」という題で

     恋人も金魚も新しい夜だ・・・・・・・横井来季

という句も発表され、選者の殆どが褒めていた。
はじめにお断りしておく。私は俳句の実作者でもない一介の愛好者に過ぎないから、私の好みに任せた極めて恣意的なものである。
私は、こういう「俳句甲子園」のような、ディベート形式の会は余り好きではない。デイベートに終始する雰囲気が嫌なのである。

今回の最優秀賞は

    中腰の世界に玉葱の匂ふ・・・・・・・・・重田渉(開成高校)

ということだが、同じ兼題で、こういう句がある。

    生くること難し玉葱吊るしたる・・・・・・・・・・徳丸琴乃(星野高校)

私は、この句の方が好きである。「二物衝撃」の句だが、まあ好き好きだろうが。

以下、ネットで調べた作品から私の好きな句を引く。

     *毛虫より毛虫の出づるごとく糞・・・・・・・(作者名を記録忘れ)
     *サルビアやハグする前に目を合はす・・・・・・・中野葵
     *瀑布より戻りて新しき鼓膜・・・・・・・垂水文弥
     *虫籠の置き捨てられて城の森・・・・・・・成山京哉
     *虫籠を睨めば睨み返される・・・・・・・横谷真未
     *土だけの虫籠一つある日陰・・・・・・・奥山凛
     *霧深しブラキヨザウルスの骨格・・・・・・・斎藤仕人
     *山霧や羊に鈴のひとつずつ・・・・・・・・・難波朔美
     *サルビアや気球のそれぞれに焔・・・・・・  〃
     *電柱に砂の手触り霧深し・・・・・・・横井来季
     *校章の十字架眩し緋衣草・・・・・・・  〃
     *サルビアや二度目の生理報告す・・・・・・・野城知里
     *サルビアや叱られている目のやり場・・・・・・・西野結子
     *サルビアや鍵なき島の診療所・・・・・・・山内那南

こうしてネットを検索していると歴代の「最優秀賞」受賞者の中に、神野紗希佐藤文香、青本柚紀、山口優夢など、今も俳壇で活躍する人の名が見られる。
神野紗希fは高柳克弘の夫人としても知られている。 ← 赤字のところは「リンク」になっていることを示す。アクセスされたし。
どうも俳句甲子園の出場校は、進学校が多いので、途中で俳句を作るのを辞めてしまう人が多いらしい中で、こういう人たちは貴重であろう。



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.