FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
詩と連句「おたくさ」Ⅲ─3・・・鈴木漠
おたくさ_NEW

──鈴木漠の詩──(13)

     詩と連句「おたくさ」Ⅲ─3・・・・・・・・・・・・・鈴木漠
                  ・・・・・おたくさの会2019/10/31刊・・・・・・・

今どき現代詩人の中で「連句」を継続して、ずっと手掛けられているのは鈴木漠氏くらいしか居ないだろう。
第三次「おたくさ」3号が届いた。順調に会が運営され、皆さん、張り切って「座」を巻いておられるようで、慶賀至極と申し上げる。
「おたくさ」とは「OTAKSA」紫陽花の学名。シーボルトが愛した女性・楠本タキ(お滝さん)に由来する。神戸市の市花ともなっており、グループ名と誌名に採用された。

今号は、掲出した画像でも読み取れると思うが、「詩」は、鈴木漠「燃える本座」とニページ目に梅村光明「レインスティック」の二つが載っている。
あと「連句」として2019/07~2019/10までの十七の作品が収録されている。
形式も「蜻蛉」「テルツァ・リーマ」「二十韻」「ソネット平坦韻」「獅子」「賜餐」「非懐紙」など多彩に渡っている。
全部は紹介しきれないので、その中からいくつか載せてみる。

       詩「レインスティック」・・・・・・・・梅村光明

    セルフのガソリンスタンドの
    トイレのドアを開けると
    目元と鋏に朱を帯びた蟹が
    驚き顔で鋏を振り上げ
    威嚇するポーズで
    小兵の力士炎鵬のように
    耽耽と気を吐いている
    レインスティックを傾け
    雨音を聴かせてやると
    眠ってしまったのか
    鳥の目と虫の目を
    混在させる感性に
    蟹の目を取り込めば
    巨大な誘蛾灯になった
    深夜のスタンドに
    引き寄せられる仲間たち
    化石燃料に羽虫酔いどれ
    朝になると展翅が並ぶ
    評論家のKが語った
    沈黙を表現するにも
    言葉によらなければならない
    というメービウスの輪が
    雨に濡れている



     「連句」   ソネット平坦韻  加減乗除

   山女釣り加減乗除の竿さばき      中野百合子 (夏)   a
    麦藁帽に相応ふ下駄履き        鈴木  漠  (夏)   a
   また一つ増えし薬包こぼれ落ち      安田 幸子 (雑)   b
    愛の証しに贈るブローチ         三神あすか (恋)   b

   ブロークン・ハート抱きて病蛍       赤坂 恒子 (秋恋)  c
    虫の音囲む夜のホスピタル       在間 洋子  (秋)   c
   満月の磁力果報を齎さん          梅村 光明  (月)   d
    紙と鉛筆あれば筆算            土井 幸夫  (雑)   d

   息白く両手に余す荷物持ち         福永 祥子  (冬)  e
     雪掻き奉仕すべり尻餅               獏  (冬)  e
   お喋りは老化防止と捲し立て            洋子  (雑)  f

    遍路宿の戸悪しき開け閉て            光明  (春)  f
   うらうらと野点の席の花日和            あすか  (花)  g
    春の名残の干菓子粒選り              恒子  (春)  g

   2019年7月首尾  兵庫県私学会館   おたくさ連句塾
   *ソネット平坦韻。押韻形式は aabb/ccdd/eef/fgg




        「連句」  賜餐  舟唄

       舟唄の月に漕ぐ声朗々と        中野百合子 (月)
         いのち短し澄み渡る水脈       鈴木   漠 (秋)
       色葉散る森羅万象一期にて       赤坂  恒子  (秋) 

ウ       意気投合し知恵の輪を解く      梅村  光明  (恋)
       新しき姓書くために買ふ日記       東条 士郎  (冬恋)
         白菜漬の塩加減よき          在間 洋子  (冬)

ナオ    暇あらばスマフォ操作を怠らず      三神あすか  (雑)
        耶蘇様幼なつらき踏絵よ         安田 幸子  (春)
       花の雲抜けて重力測る人          土井 幸夫  (花)

ナウ      夕陽背に受け鞦韆を揺り         福永 祥子  (春)
       晩餐は低くながるるワグナーに       藤田 郁子  (雑)
         窓辺仄かな回り灯籠            辻  久々  (夏)

       2019年8月首尾  ファクシミリ文音  おたくさ連句塾
       *賜餐形式。 三句四連。一花一月。 札幌の俳人 故篠田薫の創案。

-----------------------------------------------------------------------------
私も、ずっと前になるが、何度か連句の座に連なり、連句を巻いたことがある。
連句にも、いろいろの形式があり、もっと自在にやったらいいと思うのだが、「窮屈」に旧弊に固執する人があり、興が削がれることがある。
鈴木漠氏は、新しい形式も、どんどん取り入れられていて好ましい。
これからも、せいぜい楽しんで貰いたい。 有難うございました。





    

  

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.