FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
「詩遊」No.64/2019/Autumn・・・木村草弥
詩遊_NEW

──冨上芳秀の詩──(5)

      「詩遊」No.64/2019/Autumn・・・・・・・・・・・・・木村草弥
                 
とにかく冨上芳秀氏は、執筆について貪欲であり、多筆である。
今回も「詩遊」秋季号が送られてきた。
いつもながら、上田寛子のイラストが秀逸である。
同人たちの作品が載っているが、冨上芳秀作品を引いてみる。
いつもながらの「散文詩」である。 三篇ある。

       形容詞の奥・・・・・・・冨上芳秀

   ぎらぎら光る電飾の木馬に乗って走って来るあなたの形容詞が世界
   を明るく照らし出す。「暗いネズミはニンジンを齧っていますか」「い
   え、黒い寝すぎは妊娠を下賜していますが」化粧も形容詞。仮面も
   形容詞。過激な火事のカジノのチップ。彼女のヒップ。ヒップポッ
   プ。カツラも被る。ぶるぶる震えるブルドック。ドックに入るロッ
   クックンローラー。ロックアウトのアウトロー。動詞はどうします
   か。形容動詞はどうしますか。形容詞の実態。形容詞の皮。化けの
   皮を引き剥がせ。形容詞の奥に潜む本当のことを白日の下にさらけ
   出せ。
-----------------------------------------------------------------------------
「尻取り」のように、言葉尻を捉えて、次々に言葉を替えて、連ねて行く。
見事なものである。
いつも、この作者の言っていることだが、「詩は意味を辿ってはイケナイ」ということの典型のような優れた詩である。
もう一篇引いておく。

       マヤとの輪廻・・・・・・冨上芳秀

   笛を吹くと人魚のマヤは銀鱗をきらめかせ空中に飛び出すと頭から
   水中に飛び込む。私たちの心身は一体である。観客の拍手はやまな
   い。ある夜、マヤが盗まれた。盗んだのはサーカス団の団長だった。
   団長の妻は美しいマヤを夫の愛人と思い殺してしまった。その肉を
   冷蔵庫に保存しておいたところ十八になる娘が食べてしまった。娘
   は八百比丘尼になって八百年生きねばならなかった。何度も結婚し、
   何度も夫を見送って涙を流さなければならない。私もまたマヤの肉
   を食べて娘の八百年の人生を見届けねばならないと思った。マヤは
   娘と私の肉体の中に八百年の命を生きている。私が笛を吹くとマヤ
   は銀鱗をきらめかせてまた空中に飛び出す。マヤは本当に食べられ
   てしまったのだろうか。私は本当にマヤを食べてしまったのだろう
   か。今、私の笛に反応して演技をして泳いでいるマヤは昔から私自
   身であったような気がする。観客の拍手はいつまでも鳴りやまない。

-----------------------------------------------------------------------------
この詩も幻想的な衣を纏いながら佳い作品に仕上がった。
私なんかも、時々とりとめもない、不思議な「夢」を見ることがある。
若い時は、そんな「夢」のことを、起きてから様々に解釈したものだが、いつからか、そんな無駄は止めた。
この「夢幻」の境に遊ぶのが楽しいという心境になった。
このようにして、人間は、「夢」見の裡に「死」を迎えるのではないか、と考えている。 いかがだろうか。

これらの詩は、文の頭と脚を、きっちり揃えてある。 「四方形」の形である。
こうして、横書きにすると、日本語特有の文形が崩れるのが欠点である。お許しいただきたい。
面白い詩を見せていただき有難うございました。 益々の、ご健筆を。




コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.