FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
詩「邂逅」<通し給え蚊蝿の如き僧一人>1792年一茶三十歳・・・宮沢肇
DSC08950一茶像
↑ 小林一茶像

     詩「邂逅」<通し給え蚊蝿の如き僧一人>1792年一茶三十歳・・・・・・・・・宮沢肇

この詩は「詩と思想」2017年11月号に載るものである。
見事なメルヘンの一篇となっているので、ご紹介しよう。

      「邂逅」       宮沢肇

     <通し給え蚊蝿の如き僧一人>
     1792年一茶三十歳
     関西から九州・四国を巡る西国への旅立ちの
     通行手形の一句であった
            ・・・・・・・・・・
    
     2000年のとある日の早朝
     ウィーンのミッテを出発した国境越えのバスは
     検問のため国境の町Bhonhofで停まった
            ・・・・・・・・・・・

     ひとりの僧服の男が
     検問所に隣接した木戸を開けて
     出てきた

     なんと 日本を出るとき眺めた
     ひとりの肖像画の田舎業俳ではないか

           ・・・・・・・・・・

     ぼくは車窓から思わず声をあげた
     あの一句はこんな処にまで神通力を発揮していたのだ
              
           ・・・・・・・・・

     車窓のぼくと眼を合わせたかれはいきなり
     何か弾けるような言葉を発した
     「ヤポンスキー・ヤタロウ」と
     ぼくの耳には
     たしかにそう聞こえた
         *「寛政句帳」より。
          「ヤタロウ」(弥太郎)は一茶の幼名

--------------------------------------------------------------------------
宮沢肇氏のことは何も知らなかったが、多くの詩集をお出しになっておられる。「詩人住所録」によると長野県上田市の方である。

『雄鶏』(1959年) 『青春寓話』(1964年) 『仮定法の鳥』(1982年) 『鳥の半分』(1991年) 『帽子の中』(1996年) 『宮沢肇詩集』(1997年) 『朝の鳥』(2000年) 『分け入っても』(2003年) 『舟の行方』(2009年) 『海と散髪』(2015年) など。
ここに記して敬意を表しておく。






コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.