FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
「潮」誌最近号から・・・木村草弥
潮_NEW

──新・読書ノート──

     「潮」誌最近号から・・・・・・・・・・・・・木村草弥

奈良の自由律の結社「潮」誌の最近号の恵贈をいただいたので紹介する。
藤本哲郎主宰が亡くなって、今は長く同伴者として走って来られた宮章子氏が後を継いでおられる。
この「潮」は、伝統的に学校の教員を主とした結社であり、今も、そうらしい。
宮さんは、梓志乃の「芸術と自由」にも所属して作品を発表されている。
ただ梓氏は、若い作者を発掘するのが下手で、会員は年寄ばかりになって先細りも甚だしい。
私は梓氏にも親しいが、季刊の冊子は、薄ぺらくてみすぼらしい。 (余談に脱線した。)

「潮」誌は隔月刊である。立派なものである。
「潮」第177号2019/11には、「潮いこま」の会員も含めて31人に作品が見える。 少し作品を見てみよう。

   ■一年間秘めていた思いか 彼岸には花蕊をぬっと出す彼岸花・・・・・宮章子
   ■糸くずのような蕊を支える逞しい茎 もう明日をみつめている

   ■たまたまの 必然の であいですね 昔がたりが するする くるくる・・・・・やひろ かおる
   ■ほんとの色は色鉛筆じゃ足りない それでも すき それだから かく

やひろ氏は「ひらがな」書きを多用する作家である。
「作品 Ⅰ」「作品 Ⅱ」欄は一人五首づつ出詠になっている。

   ■かすかな土鈴の音に目覚める どこから聞こえるのか薄汚れた慟哭・・・・・林貞行
   ■不定形の窓枠に映る阿修羅の顔 いえいえ痩せ蜻蛉の泣き顔です
   ■ミッキーマウスか宇宙人か 廃業した煙草屋の角を曲がって微笑む

林氏は独特の発想を持つ人である。
前主宰・藤本氏が存命中は、定期的に「潮」誌を頂いていた。私が碌に返事もしないものだから、いつしか頂くことがなくなった。
その頃から林氏の発想は特異なものがあった。

   ■自分の最後は自分で決める 草刈機に立ち向かうカマキリの意志・・・・・村田史子
   ■籾殻を焼く煙が立つ 捨てがたい昭和の臭いがする
-------------------------------------------------------------------------
第177号と178号と続いて岡山県の笠岡で司法書士をしていた神信子氏の作品が連載されている。
彼女の旦那さんで短歌結社「龍」主宰だった小見山輝氏も亡くなって淋しくなった。ご両者が元気なときは歌集などを頂いたものである。

   ■じわじわと肉に食い込む疲労だけが今日生きている私の証・・・・・神信子
   ■風吹けば風に雨降れば雨に散り落とすもう魂なかではない万の枯葉

これらの一連は、彼女の晩年の体調の悪い頃の作品であることが、よく判る。哀しい一連である。

   ■あの田もその向こうも一面の雑草におおわれ 時代が傾いてきた・・・・・南りうこ
   ■空の青とトンボ イエスとかノーとかではなく暮らしがうつりゆく

   ■苔に美を感じた先達の卓越した意匠 押しつけではない感覚・・・・・井坂潤一郎
   ■じっと苔に見続けられている 生き抜いたから今があると

   ■予報の傘が陽ざしに変わる 横たわる憂鬱を懸命に掃き出す休日の庭・・・・・清水紀子
   ■台風が暴れ去った夜の中 月下美人に無数の雫が光る 静かに光る

   ■新しい仕事に就く朝故郷を歩く 真っ青な空にうろこ雲・・・・・ 橋本宗和
   ■コンバインと競争していた三人の吾子 長女はノルウエー次男はフランスに

新短歌クラブ「潮いこま」の作品も立派である。歌を引くことはしないが、「潮」の将来は明るい。絶えず「若い血」を注入する努力を。



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.