FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
北神照美歌集『ひかる水』・・・木村草弥
ひかり_NEW

──新・読書ノート──

     北神照美歌集『ひかる水』・・・・・・・・・・・・・木村草弥
                 ・・・・・短歌研究社2018/11/13刊・・・・・・・・

北神照美氏から標記の本を恵贈された。
北神氏とは、私の第五歌集『昭和』を出したときに、三井修氏のお世話で東京で『昭和』を読む会を開いてもらったときに出席して批評をしていただいたのが縁である。
これは2012/07/28の暑さのひどい時期で、「東京ノアール池袋西武横店マイスヘース」で開催されたことを思い出す。
その後、北神氏の第三歌集『カッパドキアのかぼちゃ畑に』をいただいて書評を書いたことがある。 ← リンクになっているので読んでください。

前置きが長くなった。
この本は北神氏の第四歌集ということになるが、昨年、日本歌人クラブの「優良歌集賞」と日本詩歌句協会の「短歌部門大賞」を受賞されたという。おめでとうございます。
こうしてスキャナで取り込むと判らないが、クリーム地に真珠色のきらきら光る「帯」が巻いてある。
この帯には「塔」選者の小林幸子氏の文章が載っている。画像で読み取れるだろうか。
念のために、その部分を書き抜いてみよう。

    <さざなみの近江に生い立ち、蒲生野に遊んだ少女のおおどかさ
     を、北神照美さんは、いまも失っていない。標野に薬草を摘ん
     だ女たちの末裔のように、薬学を学び仕事に就き、東京湾を見
     下ろす高層の部屋に暮らす。古代から現代へ、時空を超えて通
     うゆたかな水脈が折ふしにひかり、歌が生まれる。  小林幸子>

     いちまいのひかりが長く伸びてをり
    東京湾ね。 耳元に声


極めて的確な要約と言えるだろう。
この帯にも書かれているが、北神氏は京都大学薬学部を出られたという。大学でドイツ語を学んだ先生が、「塔」の創始者・高安國世だったと書いている。
今その結社に所属していると不思儀な縁があるのである。

先の歌集の上梓が2012年だったので、あれから、ほぼ八年の歳月が過ぎたことになる。
それらの長い年月に書き溜められた歌群なので歌の数が多い。何首あるのか書かれていないので分からないが何とか引いてみよう。
歌はⅠ Ⅱ Ⅲ Ⅳ の章建てに分かれているが、章の名前は無い。製作年次の順だろうか。
自分や旦那さんの入院などの歌が見られる。
   ■千葉の地の鯖街道に回り来し津波のはなしを聞く五人部屋
   ■白き部屋に麻酔のための台ひとつ置かれてわれが自分でのぼる
   ■死ぬでなく生まれるでなき手術台 小さき内臓われから去りぬ
   ■白い光の前にあなたの顔だつたぼんやり像をむすんだものは
   ■病室の入口は夜もほんのりと雪あかりする雪はやみしか
五人部屋とあるから深刻な病気ではなかったのだろう。何の病気かは分からないが、そういう病気が出てくる齢に作者もなった、ということである。

   ■ICUから今朝病室に移りました。感情抜きたる電話が来たり
   ■海に臨む病室の窓に光差しあなたの顎をさらに尖らす
   ■「ご主人は今病気です」と書き留むる猫がゐてほし入院十日目
   ■病みてのち顔色蒼きあなたにと春色セーター一枚選ぶ
これは何の病気かは分からないが、ご主人も病気されたのである。本の真ん中くらいに載っている。

   ■わが赤き車の屋根に濃きミルク投げたるごときは鳥の挨拶
   ■光の粒が踊る音符であるやうな海を見にゆくプジョーとばして
   ■いちまいのひかりが長く伸びてをり 東京湾ね。耳元に声
作者は車が好きなようだ。それもプジョーとは日本では珍しい車。
そして、ここに「帯」に引かれている象徴的な歌が載っている。佳い歌である。

北神氏の先師は「潮音」の藤田武だったという。そのご逝去の歌
   ■初めての歌の師にして獅子のごと髪立ててゐき われは背きし
   ■終となる対面すればおだやかな顔でありたり鋭き眼を閉ぢて
   ■焼かるる刻なり するすると扉閉づるときこゑを聞きたりしづかな母音
   ■茜さす素数に還りゆくのだと降りしきる雪の中で見送る

ついでに高安國世にまつわる歌を引いておく。
     高安國世・高安醇 父と子作品展 二〇一八年二月銀座
   ■國世歌集『光の春』のあかるさが小さき画廊に溢れてゐたり
      「茜さす雲ひとつなく昏みゆく稍きさらぎの夕暮れ長き」 国世
   ■ゆふぐれとおもへぬ茜の鮮やかさ息子が絵にする父の晩年
   ■教室を歩く横顔忘れえず ドイツ語習ふも歌人と知らず   五十年前 必修ドイツ語
北神氏の学んだ、ずっと前になるが、私も第二外国語としてドイツ語を選択したときに、高安先生に学んだことがある。
北神氏が生まれた頃の話である。
私も、その頃は短歌に縁がなかったので歌人とは知らなかった。先生は教室でも短歌の話はされなかった。
教室で「シェーン イスト ユーゲント ヴァイ フローエン ツァイテン」という歌を教えていただいた。青春は美しい、という歌だが、今でも歌えるから不思議である。
(脱線した。元に戻そう)
若い頃には「背いたり、反抗したりしがち」のものである。そこから、また学んだりするのである。  

「あとがき」にも書かれているが、前の歌集にはなかった「薬学」など仕事の歌が、いくつか見られる。引いてみよう。
   ■〇・〇一グラムまで秤量合はせたり薬は毒にもなるものなれば
   ■その量は体表面積にて決まる野焼きのごとき薬と思ふ
   ■薬袋に青きカプセル入れ走るおゆみ野はむかし狩場でありき
   ■かつて標野の紫草に射しし日は調剤秤をあかねに染めをり
   ■ただ広き国際会議場に佇つ研究生活送りし名古屋の
   ■言ひよどみああ警告のランプつくパワーポイント終はらないのに
   ■残薬をなんとかせむと論かはす若き薬剤師の白き歯光る
 
旅の歌としてはスリランカやロシアの歌がある。
   ■満月がスリランカの闇に昇りくる圧倒的なつよき黄の色
   ■茶畑は山いちめんに続きたり茶を摘むをみなのサリーの赤、青
   ■仏歯寺の祈りはうねる声の束たびびとわれも素足で歩む
   ■古き名をセイロンといふ国の春 密林に来て象の頭に乗る
   ■桃の尻ならぶるやうなるシンハラ語ぷるぷるたのし駅の掲示板

   ■道のさきラスコーリニコフの下宿なり 黒い帽子の出で来るところ
   ■エルミタージユの地下に猫たち飼はれをり鼠を食べる任務を帯びて
   ■樫の森の冷気に立つはプーシキン決闘に死ぬまぎはの姿か
   ■大小の古き鐘そらへ鳴り始む鐘のひびきのやさしさに泣く
   ■天に向くあまた尖塔に三日月を付けるこころよ さみしいかロシア
作者は旅が好きである。前の歌集はトルコのカッパドキアだった。

この辺で、とりとめもない鑑賞を終わりたい。雑駁な文章で失礼する。
作者にとって今が一番楽しい時期である。ご健詠をお祈りして終わる。    (完)


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.