FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202009<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202011
稲田病院が倒産した・・・木村草弥
publicdomainq-0012187vhz.jpg
↑ 画像はイメージです

朝日新聞が三月五日にニュースを発信した。  ↓

 医療法人社団「湧水(ゆうすい)方円会」(稲田有史理事長)が4日、奈良地裁に自己破産を申請し、手続き開始の決定を受けたと東京商工リサーチ奈良支店が発表した。
同支店によると、負債総額は約1億7千万円。同会が奈良市大森町で運営する稲田病院(32床)も閉院した。同法人は2014年設立。
病院長の稲田理事長が今年2月に亡くなり、破産申請にいたった。

私が妻亡きあと、十年間にわたって支えてもらった「稲田京子」さんの二男の稲田有史が院長だった。
顕微鏡下での微細な手術 マイクロサージャリーの第一人者で、全国の医師の紹介で患者が来ていた。
京都大学再生医科学研究所「臓器再建応用分野」部門が開発した「人工神経」を臨床で使うために京大が白羽の矢を立てたのが、第一人者の彼だった。
詳しくは下記のWikipediaを見てもらいたい。
----------------------------------------------------------------------------
Wikipedia の記事 ↓
稲田 有史(いなだ ゆうじ、1959年8月29日 - 2020年2月16日)は日本の整形外科医。奈良県奈良市生まれ。

マイクロサージャリーの中でも「末梢神経損傷に対するPGA-C tubeを用いた再生治療」のパイオニアとして注目される。

医療法人社団「湧水(ゆうすい)方円会」(稲田有史理事長)が2020年3月4日、奈良地裁に自己破産を申請し、手続き開始の決定を受けたと東京商工リサーチ奈良支店が発表した。同支店によると、負債総額は約1億7千万円。同会が奈良市大森町で運営する稲田病院(32床)も閉院した。同法人は2014年設立。病院長の稲田理事長が今年2月に亡くなり、破産申請にいたった。

経歴
1959年8月29日、稲田病院長で外科医の父・道夫と母・京子の二男として出生。1977年3月、奈良県立奈良高等学校卒業。1983年3月、久留米大学医学部卒業。

職歴
1983年5月、奈良県立医科大学(整形外科学)入局。1991年5月、整形外科専門医取得。医学博士号取得。1991年7月、ニューヨーク・コーネル大学医学部付属HSS (The Hospital for Special Surgery.NewYork) 留学。
1995年7月、奈良県立医科大学緊急医学教室講師。
2000年7月、G8九州沖縄サミット・デイゴ作戦(国家救急医療作戦)整形外科専門医チーム代表選出。
2003年4月、京都大学再生医科学研究所臓器再建応用分野非常勤講師。2013年現在講師。
人工神経の開発・臨床応用に参加。「人工神経誘導チューブ」(PolyGlocolic Acid-Collagen tube) の基礎実験・臨床応用を継続。
2004年1月、稲田病院院長。
奈良県立医科大学整形外科、麻酔科、耳鼻咽喉科、高度救命救急センター非常勤講師。
耳鼻咽喉科において-鼓索神経、顔面神経再建。
麻酔科ペインクリニック-複合性局所疼痛症候群 CRPS (Complex Regional Pain Syndrome typeⅡ:causalgia) 治療。

2004年9月人工神経誘導チューブが、末梢神経欠損に対するのみならず、神経因性疼痛に効果があることを発見。これらの結果は『NeuroSurgery』誌に論文採用され同誌の表紙を飾り、PGA-C tubeの世界初の臨床成功例として紹介された。自家神経移植例との比較実験も行い『Brain Research』に採用される。

今なお年間1000例以上の外傷再建手術をこなし、指の再接着率は96%。

資格/日本手外科学会評議員。日本末梢神経学会評議員。公益社団法人日本整形外科学会認定整形外科専門医。

医療法人湧水方円会 稲田病院理事長・院長。

京都大学ウイルス・再生医科学研究所臓器再建応用部門 非常勤講師。
奈良県立医科大学臨床教授・整形外科・高度救急センター・麻酔科・耳鼻咽喉科。
関西医科大学生化学教室 非常勤講師。
AO EastAsia,soft tissue coverage member。
----------------------------------------------------------------------------
手術後も、丁寧なリハビリで有名で、院長診察日には午前中だけで100人を超す外来患者が押し寄せていた。小さな病院だった、のにである。
私は2/16に彼が死んだと聞いたときに、ああ、これで稲田病院は終わった、と直感したが、その通りになった。
この病院は彼・稲田有史で持っていたからである。
病院の経営は苦しい。
稲田病院は、稲田道夫氏と稲田京子さんが、一代で築き上げた病院なのである。
稲田京子さんは、死んで、もう四年になるが、病院の倒産ということを知らずに、いい時に亡くなった、と今になれば思う。 嗚呼。



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.