FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
老桜は残さず花を散らしけりかにかくに見るはるかなる宙・・・木村草弥
thumb5長谷寺落花

   老桜は残さず花を散らしけり
     かにかくに見るはるかなる宙(そら)・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載るものである。

私の歌の場合、華やかに咲き満ちている満開の桜の最盛期を詠むということは、まあ、ない。
散り際とか、老い樹であるとか、滅びるような様子を詠うのが多い。
一般的に詩歌の場合は、そうである。何事にも「滅び」の時期にこそ、自然の、あるいは人生の哀歓があるからである。
「盛り」のときに勢いがあり、美しくて、華やかであるのは当然のことであり、何の不思議もないからである。
適当な散りつくした桜の写真がないので、こんな写真で代用する。長谷寺の桜落花である。

この歌には何も難しいところは、ない。上に書いたような私の心象が詠われている。
そして、花の散った桜の樹の間からは、果てしない宙(そら)が拡がっているなぁ、という感慨である。
落花を詠んだ句に

    空青しなほも落花を含みゐて・・・・・・・天野莫秋子

というのがあるが、この句は私の歌に一脈相通じる雰囲気がある。
こんな句はいかがだろうか。

    めんどりよりをんどりかなしちるさくら・・・・・・・・三橋鷹女

余談として書いておくと、私の歌に使っている「かにかくに」というのは「あちこちに」とか「いろいろに」という意味の「副詞」である。
これを使った文学作品として有名なのが

     かにかくに祇園はこひし寝るときも枕の下を水のながるる    吉井勇

という歌である。 念のために書き添えておく。






     
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.