FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010
「信天翁」私信と抽出歌・・・神田鈴子
信天翁_NEW

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is the question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


       「信天翁」私信と抽出歌・・・・・・・・・・・・神田鈴子(「地中海」会員) 

世はまさにコロナウイルスに冒されて、すべての動きが止まったような日々が続いておりますが、お元気でいらっしゃいますか。
この度は第七歌集『信天翁』を出版なされ、おめでとうございます。
今年で九十歳を迎えられた木村様の老いを感じられない意欲に何より感動させられました。
巻頭の「信天翁」から順に心ひかれたお歌をいくつか引かせて頂きます。
その後の短詩も重みがあり、いつまでも頭の冴えと若さをお持ちの木村様に心から敬服いたしました。

心ばかりのケーキを焼かせて頂きました。
どうぞ、これからも意欲的に作歌を続けてくださいますよう、そしてお体お大切にお過ごしください。

      「信天翁」より十首

☆〈信天翁〉描ける青きコースターまなかひに白き砂浜ありぬ
☆もゆらもゆら夏の玉の緒ひぐらしの啼く夕ぐれはまうらがなしも
☆〈馬耳東風〉おそろしきかも十を聴き九を忘るる齢となりて
☆夕暮れた街 束の間切り裂いて 光と影が格子縞に象形する
☆時の移ろいに身をゆだねて ほっと息を吐き出す 誰か
☆レンブラントの光は可視化されているようでいて形而上の光である
☆一枚の絵の中で物語が時間をかけて浮き沈みする
☆言葉は究極の兵器。言葉は人を滅ぼす。言葉は要注意。
☆街を一冊の本になぞらえると、旅する人はみな読者だ
☆どうやら「卆」の字が私の目下のキーワードらしい
----------------------------------------------------------------------------
神田さんから、お手紙と的確な抽出をいただいた。
また神田さんはケーキ作りの名手で、ケーキ教室を持っておられる。
私は本を出す度に、おいしいケーキを賜って賞味させてもらっている。有難うございました。
今度も、感謝を込めて即席の一首
     君つくるレモンケーキのロール一本切りて食(たう)べつ紅茶呑みつつ    草弥


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.