FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010
京都新聞社南部支社長・大橋晶子さんが定年退職される。・・・木村草弥
信天翁_NEW

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is the question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    
 京都新聞社南部支社長・大橋晶子さんが定年退職される。・・・・・・・・・木村草弥
 
メール文を引いておく。 ↓

木村草弥さま。 
 コロナ渦で外出がままなりませんが、いかがお過ごしでしょうか。
せっかくの春ですのにね。
人がいない中、桜だけが静かに咲き誇る何とも不思議な光景がここかしこにあります。

 さて、お礼をお伝えするのが遅くなりましたが、「信天翁」をお送りいただき、
どうもありがとうございました。
喪失の哀しみを歌い、自由が敵視された時代を伝え・・・。
いつもながら自在でいらっしゃいますね。
最後に置かれた歌が全体を締め、また木村さんらしくもあります。

 私事のご報告ですが、家の事情もあり、今月末をもって定年扱いで退職することにしました。
第二歌集「嘉木」を通じての思いがけないお出会いから、いつの間にか21年になりました。
あっという間ですね。この間いろいろとお世話になり、感謝しております。
「嘉木」当時は、木村さんが90歳まで歌集を出し続けておられるとは想像だにしませんでしたけれど。
いつまでも変わらぬ知的好奇心が見事、と感嘆しております。
------------------------------------------------------------------------
kaboku_01.jpg

*書評*
   茶への思い 情感豊かに


(京都新聞平成11年6月18日朝刊所載)

城陽市奈島で茶問屋を営む木村草弥(本名・重夫)さん(69)がこのほど短歌集
「嘉木」(かぼく)を自費出版した。なりわいである茶への思いや、病と闘った妻へ
の愛、老い、山城の歴史や身の周りの自然など日常を情感豊かに詠んでいる。

木村さんは91年に歌を詠み始めた。自由な作風で知られる短歌会「未来」や
地元の「梅渓短歌会」の同人となり、仕事の合間に詠んだ歌を発表し続けている。
「嘉木」に収めたのは493首。
95年の第一歌集「茶の四季」以降、98年末までに発表した800首余りの中から
選んだ。
歌の題材は、変わりゆく山城や海外の暮らし、世紀末など幅広い。だが、中でも
多いのは、新茶の季節の喜びや、茶樹への愛情を詠んだ歌だ。
    明日のため見ておく初夏の夕焼は茶摘みの季の農夫の祈り
    茶どころに生れ茶作りを離れ得ず秋の深みに爪をきりゐつ
本のタイトルも陸羽の「茶経」の書き出しの「茶は南方の嘉木なり」からとり、表紙
には「製茶の図」を使った。
木村さんが日常を見つめる視線はどこかユーモラスだ。
  水馬(あめんぼう)がふんばってゐるふうでもなく水の表面張力を凹ませてゐる
長年連れ添う妻を詠んだ歌は温かい。
    病む妻に木瓜(ぼけ)の緋色は強すぎるほつほつと咲け白木瓜の花
    妻を恃(たの)むこころ深まる齢(よわい)にて白萩紅萩みだれ散るなり
第一集に比べ、老いを見つめた歌が増えた。
    嵯峨菊が手花火のごと咲く庭に老年といふ早き日の昏(く)れ
歌集の最後はこう締めくくっている。
    引退はやがて来るものリラ咲けばパリの茶房に行きて逢はなむ

(執筆者・洛南支社記者・大橋晶子)
------------------------------------------------------------------------
私の第二歌集『嘉木』(角川書店)の取材に私宅に来てくださったときのものである。私のHPで読める。
この取材の時に大橋さんと話していたら、彼女の父上が大橋保夫であることが分かり驚いた。
大橋保夫氏は私と同じ仏文科の一年先輩で、私は新制第一回だが、彼は旧制だった。
フランス語のゼミなどは一緒で、とにかく保夫氏は秀才で光っていた。
在学中にフランス政府の給費留学生に受かり、三年間パリ大学(文学部はソルボンヌ)に留学。帰国すると、すぐに京都大学で教鞭を執られた。
母上は、保夫氏と同じフランス語の後輩で大橋寿美子さんという。のちに同志社女子大学長を務められた。
1967-1968年「京都大学 大サハラ 学術探検」(総隊長・山下孝介)。
これは木村重信が企画し、講談社 創業60周年とフジテレビ 開局10周年の事業にドッキングしたもので費用はすべて民間企業の寄付によってまかなわれた。
全隊員の調査報告および記録は『大サハラ─京都大学大サハラ探検隊』(講談社)として1969年に刊行された。
フジテレビが「大サハラ」というタイトルで1969年1月~3月に13回にわたり放映。
産経新聞 が「サハラ砂漠─京大学術探検隊とともに」を1968年1月~2月に30回にわたって連載。
この時には保夫氏は「言語班長」として兄・重信と苦楽を共にした仲であり、これも奇しき因縁である。
この探検隊が帰国したとき、大阪空港(その時には、まだ関空は無い)で寿美子さんが抱いていた乳飲み子が晶子さんだという。
そういう因縁の出会いを経て、二十年余り付き合ってきたのである。
大橋晶子さんは早稲田大学を出て、京都新聞社に入社された。
その間に晶子さんは出世され、外国部、滋賀支社などを経て、現在は京都府南部を所管する南部支社長を務めておられるのである。
そんな長い付き合いを偲んで、書いてみた。ご苦労様でした。お付き合いに感謝します。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.