FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
「未来山脈」掲載作品2020/07「最後の審判」・・・木村草弥    
未来_NEW

800px-Conques_doorway_carving_2003_IMG_6330コンクのサント・フォア聖堂のティンパヌム(タンパン)
 ↑ コンクのサント・フォア聖堂のティンパヌム(タンパン)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is the question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


──「未来山脈」掲載作品──(31)
     
          「最後の審判」・・・・・・・・・・・・・木村草弥
             ・・・・・・・・2020/07掲載・・・・・・・

      最後の審判      木 村 草 弥

   フランス、コンクのサント・フォア教会の「タンパン」

   タンパンとは教会の扉の上部の半円形のアーチ部分

   キリストの上げた右手に神の国、

   下げた左手に地獄の有様が彫られている

   十二世紀初めから一一三〇年頃の作品である

   シトー会の聖ベルナールは先立つクリュニー会の華美さを嫌った
   
   イエス・キリストの清貧な生活に帰れ、ということである

   だが、そのシトー会にしてからが讃美歌合唱に血道をあげていた

   ロマネスクの時代は「ヨハネ黙示録」の時代と言われる

   『新約聖書』の最後を飾る歴史物語が定着していった

-----------------------------------------------------------------------------
ヨーロッパの「中世」を語ることは、なかなか難しい。ヨーロッパの周縁部からの蛮族─異教徒が何波にもわたって侵入し、大混乱に陥っていた。
当然、キリスト教界も混乱を極め、「終末思想」が支配した。
「最後の審判」というのがささやかれた。
蛮族の襲来を何とか乗り切った後は、また別の精神世界が展開するが、それは、また別の機会に。



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.