FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202009<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202011
木村安夜子歌集『言がたり』・・・木村草弥
木村_NEW

──新・読書ノート──

     木村安夜子歌集『言がたり』・・・・・・・・・・・・・木村草弥
               ・・・・・フジ456 j 舎2019/07/15刊・・・・・・・

この本は、いささか特異な形で上梓された。
第一に「クラウド・ファンディング」で一般から資金を募り、募金に応じた人に配本された。
私も案内を受けたが、いくらだしたらいいのか分からないので応じなかった。
今回は私の本を贈呈したお返しとして頂いた。
いま奥付を見ていて思ったのだが、発行者・木村義博とある。
もしや、これは作者のご主人の会社なのではないか。ご主人が六十五歳にして会社を起業されたということからの私の判断である。
間違っていたらゴメンなさい。
第二に本作りが凝られている。ドイツ装のように固い表紙で、かつ背は「和綴じ」で製本してある。
どちらも機械製本では無理で、手作業のものである。したがって製作費も高くつくだろう。
本づくりは一生に一度の思い出だから、ということも判るが、他人を巻き込んだ大層な出版には、私には違和感がある。
「自費出版」というのは、本来、「読んでもらう」ために出すのであって、そういう意味から私は賛成しかねる。
余計なお喋りになった。お詫びする。

作者は青森の人らしい。ご主人と二人で故郷を離れ、東京ほかを経て、今は大阪に落ち着かれた。
二人の子供を育てあげ、ケアマネージャーという難関の国家資格も得られて、今がある。
この本には主宰・光本恵子氏の4ページにわたる詳細な「序」文があり、そこに一代記から詳しく書かれていて、私がいまさら書き加えることはないが、少し書いてみる。
作者は宮崎信義の「新短歌」誌に所属十年、それ以後「未来山脈」ということである。
大阪では、井口文子さんの指導する「七花会」で歌を詠んで来られた。それらの経緯は「あとがき」に詳しい。
私も宮崎信義や井口文子さんとは、いささか縁があるし、書きたい私事もあるが今は遠慮しておく。その井口さんも、つい最近亡くなられた。 合掌。

作者は「定型」から短歌の世界に入られたらしい。
この本の初めの部分に「氾濫待つこころ」として18首の作品が載っている。
   ■わが内を少女のように躍らせて未知なる土地に銅鑼鳴らしゆく
   ■抱かれたくて飛び込みゆけば生駒山はるむらさきに霞んでばかり
   ■三十二年目のはかなごとケーキの前に君と子がいる
   ■遠景は宮崎信義 憤怒の時は金子きみ バイブルのようにまためくる歌集
これらの歌が、いつ作られたかは分からないが、「口語」の使い方が見事である。
あとは「1981~1999年 揺さぶってみるこころ」
    「2000~2007年 ずんずん景色が変わる」
    「2008~2013年 透明な声」
    「2014年から 覚悟が楽しい」
など、「見出し語」の付け方が独特で、作者の特異な才能をかいま見ることが出来る。

   ■死ぬなら五月がいいと言った寺山修司 澄み透る空見ている
   ■たらふく食べた胃を抱えながらソマリアの惨劇うつすテレビ視ている
   ■大阪から青森へ三十七才の手紙を投函赤いポストの向こうに故里
   ■点と線が上手く描けない 子供のはざまで仁王立ちになる
   ■二〇〇〇年のスタートに駆けだす 介護保険法に札束ぶらさがる
   ■もうすぐ四十八歳 何してるのと問う日の組合活動
   ■私の解雇は不成立 一九九九年八月六日裁判勝訴
   ■医師より夫の告知を受ける いきなり暗い小部屋
   ■無声の人となり筆談の夫 ことばの森を分け入るような
作者は、物事をはっきり言う人らしい。「介護保険」「組合活動」「夫の発病」など激動の様に息を呑む。

   ■二十歳の娘 十五歳の息子 ずんずん景色が変わるおいてけぼりの
   ■老後はビートルズと吉田拓郎がいいね 友と愉快なおしゃべり
   ■二〇〇〇年の言葉 介護保険 リストラ あなたの再起
   ■青虫二匹を水責めにした日 殺人事件の報道が賑やかだ
   ■A4の看板が軒下にゆれる『燕の夫婦子育て奮闘中』
   ■今日も六時から六時の勤務時間 長かったのか短かったのか
   ■PLの花火にバンザイする三歳の自閉児 おおきくなあれ
   ■生まれたばかりの児を見に行く日 宮崎信義遺歌集『いのち』が届く
   ■きっぱりと井口文子「一行詩です」その背に宮崎先生が見えた
   ■来年の約束をして朝顔のタネがころがる 手のひらにひんやり
   ■はやぶさみたいな白い雲が秋空に浮く あそこに憲法九条を描こう
   ■認知症の人を怒るな 難聴の人に舌うちするな 貴方もその一人です
   ■声を失くした夫と十五年 次は髄膜炎と病名もらう
   ■さみどりの葉を喰べつくす幼虫の澄んだ瞳 初夏の風ふく
   ■脳こうそくに倒れた集中治療室の井口文子 いつもの微笑みと短歌ひとすじ
   ■「俺はロックンロール」悪い奴じゃなかった 樹木希林の澄んだ瞳

雑駁な鑑賞なしの抽出になったが、お許しいただきたい。何分、何十年ぶりの本の批評は出来ない。
批評は光本恵子の「序」にお任せする。
ご恵贈有難うございました。ご夫婦ともども、ご自愛を。           (完)




コメント
コメント
言がたり 歌評のお礼
早速のお返事をいただき、ありがとうございました。歌評の内容は私自身の意欲をかきたてることにつながります。今後ともよろしくお願いします。
そして、なによりもご自愛くださいますように
2020/04/13(月) 13:12:03 | URL | 木村 安夜子 #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2020/04/14(火) 04:29:49 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.