FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
古田鏡三歌集『せせらぎ』・・・木村草弥
せせらぎ_NEW

──新・読書ノート──

       古田鏡三歌集『せせらぎ』・・・・・・・・・・・・・木村草弥
                ・・・・・・ながらみ書房2020/05/30刊・・・・・・・・・

この本が恵贈されてきた。「未来山脈」の会員だが、私には未知の人である。
巻末に載る略歴を引いておく。

古田鏡三
1947年 長野県木曽郡大桑村 生まれ
1962年 石川島汎用機械木曽事業所に就職
20歳代より自由詩、作詞を始める。各種の講座、同人誌に入会
1992年 「未来山脈」入会。光本恵子に師事

この略歴の、すぐ後に
<詩、短歌の魔力にとりつかれ、70歳代の今、口語自由律の世界をゆっくり歩いています。> と書いてある。
この本はソフトカバーの「帯」もない清楚な本づくりであり、著者の思いが籠っているようで好感が持てる。
この本には巻頭に「序文」として光本恵子が6ページにわたって詳しく書いていて、本の要約が尽くされているので、私が付け加えることは何もないのだが、少し書いてみる。

この本は一ページに四首の歌を組んであり、ページ数も176ページあるので相当な歌の数だろう。
巻末には若い頃に没頭した「歌謡」詩が16篇収録されている。この頃、古田氏は「作詞家」になりたかったのだろう。
いずれも整った佳い作詞である。いずれも三番まである長いものなので、ここに引くのは見送る。

光本恵子は序文でも「木曽馬のような頑固で優しい男」と書く。
私には未知の人だが、「木曽の工場で働き、木曽の田畑を耕し、牛を飼って育て、それ木曽牛として売って」生きてきたのだろう。
古田氏と光本とのふれあいは、光本がラジオ信越放送の「口語短歌入門」をやっていた頃で1990年代のことだという。
古田は、その番組の常連だった、という。それから三十年。長い付き合いである。

光本の序文に続いて、木曽御嶽山の雪を被ったカラー写真と
   「きそ」の語源を 尋ね歩く 瀬音にまざり 此こだよ 石ころの声
の歌を刷ったページがある。これも作者のこだわりだろうか。 佳い歌である。

巻頭の一連は「夕焼とんび」という名前で
   ■母ちゃんは米を肩に おらは提灯を手に水車小屋へ沢づたいの夜道
   ■川向こうの山を軽便が行く 材木をいっぱい背にしてひとり静かに
   ■子牛と競り市 手綱にひびく最後のひと声に牛がうなずく
   
これらの歌が載っている。作者の「原風景」なのであろう。

   ■メロンは妻へ花は仏壇へ温泉帰りの買物 今日は母の日
   ■君は我れを惑わす古い頭を押しのけて「未来山脈」がやってくる
   ■夕飯を食べつつ将来のショウの字を家族に聞く これが幸せ
   ■わが母を看取り妻は子を背負い同じ鍬をもつ

ここで、作者の「癖」について指摘しておきたい。
「此」 「我」などの送り仮名のことである。
アンダーラインを入れておいた。
これらは、もちろん間違いではない。ただ「此処」 「我」でいい筈である。それが嫌ならカナ書きでもいいのである。

   ■どうなるのか我が家 安政三年が平成の大修理に入った
   ■ぽつぽつと生きざまを語る職人の手は休むことを知らない
   ■土台が有って屋根がある 人と木材で生き返ろうとする
   ■首都圏に積雪のニュースが今日も 一メートルの雪つづきの町

作者の故郷も、わが家も古いらしい。それらの哀歓を淡々と歌にしていて秀逸である。

   ■剥製の第三春山号に寄りそう飼い主の姿開田高原の時は流れて
   ■調教の女性に従い木曽馬は不運の歴史を背負い今日も歩む
   ■「きんこ」とは繭玉のこと絹糸から布になる 蚕さんがつくるのだ
   ■稲が藁になり縄になる手を加えれば草鞋になる さあ歩こう

作者は故郷を詠う。木曽馬を詠う。信州で盛んだった養蚕のことを偲ぶ。よいことである。

「歌謡詩をうたう」という項目があって、短歌を始める前に熱中したことを詠う。
   ■体験が声に唄の味に染みついたそんな歌い手様に逢いたい
   ■短歌ならば作詞ならばと始めたけれど詞は没でレコード化ならず
   ■聞いて書いて読んで詩と詞 歌に唄 さわやかな風だ

無数の作詞をめざす人たちが居て、作詞家の世界も果てしない。ありきたりの才能では、芽が出ない。
そんな挫折が、歌の原動力になるのである。木曽人がんばれ。

「旅へ」という旅行の歌がつづく一連がある。
   ■倉敷を歩く瀬戸大橋わたる島もある 古さ新しさ味わいつつ
   ■小豆島の桟橋で独りたたずむ女 船から降りてきた男と去った
   ■セントレアを後に野間灯台へちょうど引潮 岩場は緑の海草だ
   ■あでやかに素朴なおどり黒の帯 由来は歴史の上に立って

旅の哀歓が、さりげなく詠われている。

   ■のろまで下手でそっぽ向かれそれでも歌謡詩風に生きてみようか
   ■人のこころを自然のながれを文字にして口語短歌と語らう夕べ
   ■一枚の白い紙に何を描く 絵か文字かそれとも白のまま

思いは果てしなく、さまざまに巡る。

   ■土が草が叫ぶ とにかく働けや機械化して尚はたらくのだ
   ■耕耘機に飛び出た蛙まだ眠ってたのか さあ眼を覚ませ百姓だ
   ■御嶽海のポスター壁に貼り今日も野良仕事の行き帰りに立ちどまる
   ■助手席にいつも地図を乗せ少年の日の夢をさがしつづける

「農」に生きる男の一生の「あれこれ」である。   
   
この本の巻末にある歌
   ■今日もせせらぎが聞こえてくる 誰かがささやいている

この歌から、この本の題名が採られている。
簡潔であって、かつ清楚な佳い歌である。
作者の歌は冗長なところがなく、よく推敲されている。
「未来山脈」の最近号に載る歌も、よく整っている。

巻末に近い「桧の木」という項目の歌
   ■人間ドックの精密検査四通 やはりそうか覚悟して空を
   ■おれの誕生日と日記に書く あと三年とは書けなかった
   ■仕事に酒に世の風によくぞ耐えぬいた 胃袋さん

これらの歌が意味するものは何なのか、何の説明もないので分からないが、私の思い過ごしであることを祈っておく。

とりとめのない雑駁な鑑賞に終始したことをお詫びする。
これからも佳い歌を詠っていただくようお祈りして抄出を終わる。
ご恵贈有難うございました。           (完)




コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.