FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010
やまぐちヨウジ『妻はパリジェンヌ』・・・木村草弥
パリジェンヌ_NEW

──新・読書ノート──

       やまぐちヨウジ『妻はパリジェンヌ』・・・・・・・・・・・・木村草弥
               ・・・・・・文芸春秋社2005/06/25刊・・・・・・・・

先日来、山口謡司先生の本を二冊、再掲載したりして来た。
先生がFBに居られることを知り、サイトを読んでみた。とても面白いと思ったので「友だち」申請をしてみた。
すぐに承認の返信が来て、私が先生の本を十数年前に採り上げたことなどを知らせた。
なにぶん先生の「友だち」というのは2700余の人が登録されていて、私も、そういう「その他大勢」の一人であることは承知している。
Wikipediaの記事を見て面白そうな本を数冊アマゾンの古本で買い求めた。
その中の一冊、この本を先ず採り上げる。

先生のFBのタイトルバックに「i OG i US」と書いてある。何だろうと気になっていたが、この疑問は、この本を開いて、すぐ解決した。
⒈画廊での出会い のところで先生が今の夫人ラファエロと出会うことになったいきさつのところである。
彼は絵描きでもある。パリ七区のボンマルシェというデパートの裏手にある画廊での話。
そこに並べられていた彼の絵を気に入ったラファエロが話しかけたきたことが、愛の発端。
その絵のサインが「i OG i US」─YOJI をラテン語で書くと、こうなる、ということ。愛称「ラフィー」と呼ぶようになる。
こういうストーリーを語りながら、どうしてイギリスのケンブリッジ大学の共同研究員になったのか、どうしてパリに来たのか、などがさりげなく書かれている。
彼の専門は「書誌学」「文献学」だが、これは林望の専門で、その林の知遇を得てロンドン、バリに居るのだった。
人生には、こういう他人との「出会い」が大きな意味を持つ。
私も一頃二十数年前に林望の本『イギリスはおいしい』 『イギリスは愉快だ』などの珠玉のエッセイの本を読んだ。
その林望の弟子が彼なのであった。
ラフィーは二十二歳で弁護士になったという頭のいい人。
そんな人が三年の同棲生活の後、日本の大学での職が確保されて帰国することになったときに、弁護士の職を棄てて彼について来日することになる。
これこそ「愛」の力の齎すものでなくて何だろう。
そして子供を作る決心をして妊娠するが七か月で早産して860グラムしかない息子ガブリエル─愛称ガビーを帝王切開で産み、数か月ICUで過ごす。
いろいろあって、何とかガビーは順調に育った。
この本が出たのは2005年だから、それから十五年経っているガピーも成人に達しているのではないか。
ガビーが果たして日本の高等教育を受けているのか、それとも帰国してフランスで学んでいるのか。
それらについてのプライバシーは判らないが、山口謡司の凄い著作のスピードなどを勘案すると、前妻と子供への養育費の必要があったが故ではないのか、など考えてしまう。
この本は気軽なエッセイだが、後で採り上げることになる研究書では極めて詳しい、いかにも書誌学者らしい索引などがびつしりと書かれている。

いま彼のFBのサイトでは「諺」「言い回し」などがYouTubeを駆使して講義が連日語られているが、これらは遠からず編集し直して一冊の本になるだろう。

そんな彼の顔つきなどの日本人離れした容姿を見ていると、私がもう七十年も前にラテン語の授業を受けた野上素一先生の容姿とそっくりだと思う。
今でもそうだと思うが、私の居た大学では西欧語を専攻すると「ラテン語」か「古代ギリシア語」が必修だった。
私はラテン語を選択し野上先生から一年間教わった。
先生は野上豊一郎と野上弥生子の長男で、ローマ大学に留学し、そこで出会ったイタリア人の夫人を日本に連れて帰られた。
後にイタリア文学科の主任教授を務められた。私たちは「イタ文」と呼んでいた。同級だった小松左京の出た学科である。
奥さんが向こうの人だと食生活の関係か、肌艶や容姿が西洋人ぽくなるのか。
そんな、とりとめもないことを考えた。 以上、余談である。  とても面白い一冊で、あっという間に読み切ってしまった。



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.