FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
古谷鏡子詩集『浜木綿』・・・木村草弥
浜木綿_NEW

──新・読書ノート──

      古谷鏡子詩集『浜木綿』・・・・・・・・・・・・木村草弥
               ・・・・・・空とぶキリン社2020/06/10刊・・・・・・・・

この本が贈られてきた。私には未知の人であるが高階杞一氏の指示によるものだろう。
巻末に載る略歴などから書いておく。

古谷鏡子
東京都生まれ
東京女子大学日本文学科卒
日本現代詩人会員

著書
詩集
『声、青く青く』 花神社 1984年
『眠らない鳥』   〃   1991年
『発語の光景』   〃     2000年
評論集
『詩と小説のコスモロジィ─戦後を読む』 創樹社 1996年
『命ひとつが自由にて─川上小夜子の生涯』 影書房 2012年
『パウル・クレーへ─気ままな旅を』 沖積舎 2016年

この本の「あとがき」に
<たぶんこの本は、私にとって最後の詩集、というか、「詩のようなもの」の集成の最後の本になりましょう。
 ・・・・・「詩とは何か」という問いは、終始、私のなかにあり、その答えはまだ見えていません。
 ただ散文と異なって、論理を超えて遠くに飛ぶことができる、というのがいまの私にとって「詩のようなもの」の魅力なのかもしれない、と思っています。
 「言葉」 「そして」 「六分儀」 「きょうは詩人」という小さい雑誌ながら、詩歴の長い詩誌の友人たちの助けを受けて、ようやくここまで辿り着いたと、かれらに深く感謝しています。>

と書かれている。作者は謙虚な人であるらしい。
この後に続けて装幀の星野美智子さんのことが書かれて、日本におけるリトグラフ技法の第一人者だと謝意を表されている。

これらの記載から古谷氏は、かなりの詩歴と評論の書き手であるらしい。若くはないだろう。
以下、詩を見てみよう。

          街角     古谷鏡子

   街角。 まちかどという語のひびきが
   あなたを今ここから連れだそうとしている どこか遠いところ
   あなたの近辺に街角はない
   蔦草のからまった垣根 白い小花が咲きみだれ
   「あのコンビニの角を左にまがって」とひとがいう

         ・・・・・・・

   街角。 を探してあなたは古都にゆく 日常は捨てる
   林のなか きっちりと寺院の庭を仕切って瓦屋根の土塀がつづく
   土塀は直角にまがり くずれない 土に菜種油をまぜて築いたので
   少しずつ壁土の色は変化していると解説書にある 時空を超え
   その土塀の色の変りようをだれが見届けるというのだろう

   街角。 あなたにその答えはまだ見えてこない
-------------------------------------------------------------------------
巻頭の作品の抄出である。
詩頭と終わりとに「街角。」を置くなどの詩形を熟知した練達の作者、とみえる。
この本の題名が採られた作品を引いてみよう。

         浜木綿    古谷鏡子

   はまゆうの鉢があった

   ものごころついたころには あるときには
   日当たりのよい広縁に あるときは 小さな庭の片隅に
   家移りするたびに車に揺られ
   いつもはまゆうの鉢があった

         ・・・・・・・

   どのような所縁 どのような筋道をたどって
   そのひとのもとに届いたか もうだれも知らない
   だが
   そこにはいつもはまゆうの鉢があった

   古歌にいう
    み熊野の浦の浜ゆふ百重なす心は思へど直にあはぬかも
   よろづひとの葉のむかしからの到来品「浜ゆふ」
   そのひとのこころの行方を知るすべはない もはや

           ・・・・・・・・・

   散華という美名のもとに
   どれほど多くのひとが荒野にからだを曝したか
   重々しく桜花が垂れ 花びらの散りしくなか
   そのひとの死が帰ってくる 引きちぎられた

         ・・・・・・・・

   そこにはいつも浜木綿の鉢があった

---------------------------------------------------------------------------
コロナウイルスの跳梁で、人々は蟄居を強いられ、街は息を潜めていた。
そんな空気に浸るように、この本が届いた。
「練達」の詩人は騒がない。 ひたすらに静謐である。
そんな敬意と共に、この詩集を読み終わった。
「最後の詩集」などと言わずに、また佳い作品を見せて欲しい。
ご恵贈有難うございました。快い余韻の中に居ることをお伝えして鑑賞を終わる。       (完)



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.